引っ越し祝いの相場、友人の場合は?プレゼントは何がいい?もらって困ったプレゼントは?

公開日:  最終更新日:2017/04/02

一戸建てを新築した、中古住宅や中古マンションを購入した、など、新しい住居にお引越しされる方に送る新築祝いや引越し祝い。

こうしたとき、どんなものを贈ったらいいのかな?

自分が新築などで引っ越しをする時、新居で使えるものを頂いたらとても助かりますね。

ただ、好みがあったり、ダブったら困るし、喜ばれるものを選ぶのもなかなか難しいもの。

今回は友人の新居購入などで、新築祝い、引越祝いを贈る場合、相場はどれくらいか、また実際にもらって嬉しかったもの、逆に困ったものなど、実際の声を集めてみました。

引っ越し祝いの相場、友人の場合はどれくらい?

一般的に、3千円から1万円が相場と言われています。

友人といっても、いろいろ、普段のお付き合いの度合いなどから3千円から5千円、もしくは5千円から1万円で、と考える方が多いようです。

お返しなんかの気遣い無用で、3千円位のお菓子やお酒を気軽に持っていくような感じだったり、

少しだけ奮発して、欲しがっているものをプレゼント!というものだったり、お付き合いの程度などで判断されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

引っ越し祝いのプレゼント、友人に喜ばれるものとは?

お祝いを送る友人は、新居を構え、それに伴う出費もかさみ、いろいろと物要りな時ですよね。

そんな時ですから、友人の欲しいもの、買おうと思っていたものなどを、予算を伝えて具体的に教えてもらうのが一番ですね。

こういったお祝いでよく聞くのは、「趣味に合わなくて一度も使っていない」とか、「ダブってしまったのでリサイクルショップに持って行った」など、せっかく頂いたものをタンスの肥やしにしたり、処分してしまうケース。

こうなっては贈った方もがっかりですし、頂いた方もとても残念ですね。
親しい友人に贈るものなので、こんなことは是非避けたいものです。

こうしたことを避けるためにも、友人の趣味などをバッチリわかっている!という場合を除き、自分で選ばうときには消耗品や食品など後に残らないものを選ぶ方も多いようです。

よく、新築祝いや引越し祝いにはタオルや花、植木などの人気が高いといいますが、実際のところはどうなのでしょうか?

では、実際にもらって嬉しかったお祝い品、欲しかったお祝い品とはどんなものでしょうか。実際の声を集めてみました。

カタログギフト
ビール券
お米券
商品券

体重計
加湿器
空気清浄機

圧力鍋

掛け時計
大きな姿見
傘立て

お酒
お菓子
食品

引越し祝いでは、カタログギフトの人気が高いですね。
普段カタログギフトをもらってもちょっと困る、という意見も多いようですが、新築祝いや引越し祝いだとカタログから選ぶ方が自分の趣味に合ったものや本当にほしい物を選べるという理由で好まれることが多いようです。

その他、やはり現実的に助かるのはお米券やビール券ですね。
「新築を機に、ビールはすべて発泡酒になってしまった」というご家庭に非常に喜ばれたという実例もありました^^

また、最近の体重計などは高価なものが多く、新しく買うにしても後回しになりやすいものですよね。
デザインもスタイリッシュなものが多く、それほど趣味に合わないものというのもないのでしょう、この贈り物は人気があります。

鍋などのキッチンツールも人気です。
新しいキッチンではおしゃれな鍋などを使いたいと、奥様のリクエストが多い贈り物です。

掛け時計は私も頂いたことがあります。
残念なことにちょっと趣味に合わなかったのですが、時計はあちこちに飾るので、あまり人のいない部屋に設置していましたが、、

時計は音のしないものとか、電波時計とか、文字盤が見やすいものとか、それでいて、ごくシンプルなデザインのものが好かれるようです。

お酒やお菓子、食品も人気です。
食品は、引っ越しの片付けなどで忙しい日に手抜きが出来るようなものも喜ばれているようです。
最近のレトルト食品や缶詰などは、とても美味しい物があるので、こうしたものも喜ばれますね。

スポンサーリンク

引越し祝いにもらって困ったものは?

趣味の合わないもの
観葉植物などお手入れの必要なもの
置物
保管にスペースをとるもの
すでにあるもの
実用的でないもの

趣味に合わないデザインだと使いたくないものといえば、日常、よく目につく物、ですよね。
玄関マットやテーブルクロス、トイレのマット類などでは、自分の目にもつくし、来客の目にもとまるので、こうしたところは趣味に合わないものだとタンスの肥やしになってしまう可能性が大でしょう。

お花や観葉植物などは、お世話の苦手な方もいますので、そういった場合は避けた方が良いでしょう。頂いた方としても、枯らしてしまうのが申し訳なく感じて、お互いに気まずいプレゼントになってしまいます。

置物や絵画などは、趣味に大きく左右されますので、難しいプレゼントですね。

保管スペースなど場所を取るものは置き場所にも困りますし、これも相手の意向を聞いてからの方が良さそうですね。

最後に

こうした贈り物はケースバイケースですが、新居となると、それぞれインテリアなどへのこだわりもあるでしょう。
せっかくのお祝いの品が迷惑なものになってしまってはお互い残念ですよね。

お互いがハッピーなプレゼントとなるように、できれば相手の希望を聞いてみる、もしくはカタログギフトやギフト券などで自分で欲しいものを選んでもらう、などといった方法が新築祝いや引越し祝いには向いているようですね。

スポンサーリンク

あなたの新築祝い選びのお役に立てれば幸いです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑