長崎 お土産、おすすめは?老舗に元祖、長崎名物、何がいい?

公開日:  最終更新日:2017/04/02

長崎を訪れたら、これは外せない!というお土産は?

16世紀後半にポルトガル貿易が盛んになり、砂糖が大量に輸入されるようになりました。江戸中期以降になると、長崎会所が砂糖を一括購入して、長崎から全国へ砂糖が運ばれたそうです。

長崎では砂糖が多く出回り、当時は高価な砂糖をたっぷり使うことが最高のもてなしとされたのだそうです。

こうしたとから、長崎では今でも甘口の料理が多いとか。

そんな長崎では、スイーツもお料理も、甘くて美味しいお土産物もたくさんあります。

今回は、長崎に行ったら是非食べたい、買って帰りたいお土産をご紹介します。

長崎 お土産、おすすめは?

・松翁軒(しょうおうけん)長崎市魚の町3-19

 長崎の老舗、県外では手に入りにくいカステラ

kasutera

・岩永梅寿軒(いわながばいじゅけん)長崎市諏訪町7-1

 1830年創業の老舗、明治35年築の店舗に歴史を感じます。
 年に7回しかつくらないという「寒菊」狙いなら事前に確認を。

寒菊

・榎純正堂(えのきじゅんせいどう)長崎市橋口町13-21

 創業1844年 食べると中が空洞になっている「一口香(いっこうこう)」は長崎銘菓として知られています。

一口香

・福砂屋 長崎市船大工町3-1

 タマゴを手割するところから、焼き上がるまで、全ての作業をひとりの職人が担当して作られるカステラ。
 1624年創業、熟練の技によるカステラです。

hukusaya


スポンサーリンク

・長崎文旦堂 雲仙市小浜町雲仙仁田峠パークレスト551

 カステラのほか、長崎ざぼん漬も有名。ざぼんの皮の砂糖漬け、これをヨーグルトに入れて食べても美味しいのです。

ザボン浸け

・元祖よりより 萬順(まんじゅん)長崎市諏訪町7-28

 長崎名物「よりより」の名付け親がこちら明治17年創業の」老舗。

よりより

・料亭・御宿 坂本屋 長崎市金屋町2-13

 職人さんが二日間かけてじっくり丁寧に仕上げた「東坡煮」。
 ご飯のおかずにも酒の肴にも。角煮めしもおすすめ。

とうばに

・長崎ぶたまん桃太呂 長崎市浜町10-19

 店舗で製造しているので、出来立てももちろん、地方発送も対応しています。

butaman

・かまぼこ 長崎一番 長崎市梅香崎町1-4
 
 創業は大正3年という老舗。人気の「長崎ハトシロール」は長崎ならではのお土産です。

はとし

・長崎・オランダ坂 焼き菓子 潤練(じゅれ) 長崎市大浦町5-49

 全てハンドメイドで作られる焼き菓子。
 カステラの原型である「パン・デ・ロー」を現代風にアレンジした「レディー・パン・デ・ロー」は長崎スイーツコンテストグランプリ受賞しています。

ぱんでろー

・田中旭榮堂(たなかきょくえいどう) 長崎市上町3-6

 長崎のお祝いやお返しといえば、ここの元祖栗饅頭、というくらい、長崎県民に馴染みのある栗饅頭。栗王子の看板が目印です。 

栗王子

あなたの気になるお土産はありましたでしょうか?

この他にも長崎には美味しいものがたくさん。

老舗も多く、こうしたお店の店舗に入って長崎の歴史を感じながらお土産を見て歩くのも旅の楽しみのひとつですね。

スポンサーリンク

どうぞ、良い旅を♪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑