スーツケースの選び方、店員さんにも聞いてみた!画像アリ

公開日:  最終更新日:2017/08/23

先日、手持ちのスーツケースが壊れてきたので、新しいものを購入しようととある店舗に行ってきました。

いろいろと店員さんにアドバイスをもらいながら選んだのですが、スーツケースの値段や使い勝手には結構な違いがあるんですね。

私の場合は、国内でスーツケースを持ち歩くことが多いので、傷みも早いのですが、今回の購入は3つ目となります。

今回は、スーツケースを購入するとき、どんなところをチェックしたらいいのか、価格の差はどういうところの差になっているのか、壊れやすいのはどこなのか、などといったところを、私の経験、店員さんからのアドバイスを元にご紹介します。

スーツケースはどこから壊れる?

スーツケースを使う時、一番酷使するのはやはりタイヤです。

今回、買い替えるきっかけとなったのも、タイヤがうまく回転してくれなくなって、普通にカートを引けなくなってしまったためです。

もうひとつ、壊れやすいのは、カートを引くためのバーですね。

このバーを伸ばした状態でカートを持ち上げると、このバーが壊れやすいのだそうです。今回、店員さんに教えてもらいました。

私、これ、結構やっちゃってました~。。。

カートを持ち上げるときは、この伸縮部分のバーでなく、固定のハンドルで持ちあげましょう。

ちなみに、このタイヤもバーも、当然ながら日本製のものが頑丈で、レベルが違うそうです。

私が購入するのは40Lくらいのサイズで1万円前後のものなのですが^^;店員さんいわく、この価格帯のものはどれも中国製のもの、ということでした。

こうしたパーツなどが日本製になってくると、スーツケースの価格も2倍、3倍になるとのことでした。

なるほど、スーツケースの価格差ってこういうところにあったんですね~。


スポンサーリンク

ソフトタイプ、ハードタイプのスーツケースを比べてみました。

私がこれまで使用していたスーツケースはソフトな布地タイプのこのカート。

01081079bcd2200350b1fbcf7d77337855fb900b01

軽くて、ポケットもたくさんついていて、サッと雑誌をしまったりするにも重宝するものでした。

ファスナーをあけると、ポケットになっている部分がフタになっていて、中身の出し入れも簡単、外にいるときも、フタ部分のファスナーを少しだけ開けて、フタを少しグイッと広げて隙間から買ったお土産を入れる、なんてこともできるのはソフトタイプならではの便利なポイントです。

01043da745916155241c31a15626ffaea0af8891ca

比較すると、今回新しく購入したスーツケースは同じくファスナーで開閉するハードタイプ。

010bb8ce63d6aa1130bb3e042a75c16918cfa0d2c8

ファスナー式は軽いのも特徴のひとつです。

海外に持っていく場合は、空港等で手荒な扱いを受けることがあるので、フレームタイプといって、頑丈なフレームをガチャンと合わせて開閉するものを利用することが多いのですが、このフレームのおかげで、スーツケース自体もかなり重くなってしまいます。

0155dfd02c85cce0a647383b371d4e93da84ba8422

こういったタイプは大体こういった形で、真ん中からパカっと開く形状になっているので、開くためには必ず横にして、開かなくてはいけません。

014b4bd71689f1e107b664d077a10621eabf6b6205

両サイドに中身をそれぞれ詰めて荷造りするので、今まで使っていたソフトタイプの形状より私的には使い勝手が悪いです。

これだと、外で中に何かを入れたくなっても、せいぜい雑誌をするりと隙間に入れるくらいしかできませんね~。

011eb6beb3c9e6c2c7f08b1b8b0e7bff729d539bfc

そして、ひとつ気になったのは、タイヤとタイやの真ん中をファスナーでぐるりと囲ってあるので、スーツケースの下を通る時、私としては、ちょっとばっちい感があるということ。

タイヤについては、安いタイプはやはりチャチな作りになっていて、見た目にもすぐ壊れそう、という感じで、やはり安いなりの理由がありますね。タイヤがうまくまわないのって、ものすごいストレスになります。。

たとえ同じ中国製でも、このパーツは要チェックですね。

ちなみに、赤いスーツケースのタイヤはこんな風に消耗しています。
見た目的には大丈夫そうなのですが、中で引っかかる感じで、スムーズに動きません。

01b62af7ba40c952917280771077628b894a7b4e8c

私の場合は年に十数回の利用で、3~4年程度の寿命という感じで使っています。これくらいの消耗品なので、あまり高いものを買っても、という気持ちもあり、これまでいつも1万円前後のものを使っています。

例えば、3万円位のものを買えば3倍の10年以上保つのかといえば、それは難しいのでは?と思うので。

ソフトタイプで困ることは、雨や雪に弱いということですね。
ハードでも、ファスナータイプだと、ファスナーの布部分からしみることがあるかもしれませんが、ソフトタイプは全体に染みこむ可能性があります。

また、同じ理由でシミにもなりやすいので、色を選ぶ時はそれも考慮に入れた方が良いですね。



最後に

国内で持ち歩くなら、ファスナータイプのソフトが軽くて使い勝手も良好です。

ただし、雨や雪に弱いのが難点。

ハードタイプのファスナー式のものは、軽量で比較的頑丈というのが良い点です。ですが、外での物の出し入れは難しいですね。
セキュリティ面ではこっちのほうがちょっと安心です。

今回のはこんな鍵付きでした。
01171d54fd88c693438c8cd48b7a7c44202b0f8527

スーツケースは実際に持ってみると、かなり重量も違います。
収納についても、中のポケットの数や仕切り方など種類がありますので、自分の目で見て確かめるのが一番ですね。

使用頻度や寿命を考えて予算を投じると良いかと思います。

そうそう、私はいつも4~5泊するのに、40Lちょいのサイズを使用しています。

スポンサーリンク

少しでもあなたのスーツケース選びの参考になれば幸いです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑