結婚指輪、シルバーってあり?お手入れは?プラチナ、ゴールド、どれがいいの?

公開日:  最終更新日:2017/01/17

結婚指輪をシルバーにしたいんだけど。

こうしたカップルは割りと少なくないですね。

「予算があまりないので、指輪を少し控えめにしようかと」

「結婚式や新居など、資金がギリギリで、それほど興味のない指輪で節約しようかと」

「予算も少ないし、アクセサリーを良く失くしてしまうので、あまり高価なものは怖くて買えない」

「光物が好きではないので、その分新婚旅行などにお金をかけたい」

など、二人で相談してシルバーを選ぼうかというカップルが割りと多いのです。

でもやはりちょっと迷うところもあるかもしれませんね。

a47b308ac74ed7fd4d863d8f452da247_s

なんといっても、結婚指輪は一生もの。

そう考えた時、やはり素材の耐久性は結婚指輪を選ぶ際の大切な要素になります。

シルバーの耐久性などはどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

結婚指輪、シルバーってあり?

シルバーといえば、変色しやすく、素材が柔らかいことから傷が付きやすい、変形しやすいもの。

ずっと身に着けていれば、それほど変色しないのですが、外してしばらく放っておくと、次第に黒ずんできます。

ジッパー式のビニール袋などで、密閉するようにしておくと、変色しにくいです。

でも、いざ付けようと思ったときに、真っ黒になっていた、なんてことになったら悲しいですね。

また、温泉に出かけると、泉質によっては真っ黒に変色することもあります。一瞬で真っ黒い指輪のできあがりです。

結婚指輪 シルバーのお手入れは?

こうしたことからも、シルバーは定期的なお手入れが必須です。

専用液にちょいちょいっと浸してあげたり、シルバー磨き用のクロスで磨いてあげたり、という程度の簡単なお手入れですが^^

私もシルバーのあの独特の銀色がジュエリーの中でも特に好きなのですが、こうした少々弱いところがシルバーの弱点といえば弱点ですね。

でも逆にお手入れするごとに愛着が湧く、ということもあります。


スポンサードリンク

結婚指輪 シルバー、プラチナ、ゴールド、どれがいい?

なんとしてもシルバーがいい!!というのでなければ、結婚指輪として購入するなら、ちょっと工夫をして別の素材のリングを購入するという方法を検討してみても良いのかもしれません。

マリッジリングとして、ペアで売られているものは、なかなか立派な価格が付いているものです。
(もしからしたら必要以上に高い?)

ですが、最近ではお二人がそれぞれ好みで全く別のデザインを選んだりすることもあるそうです。

敢えてマリッジリングという高級なカテゴリーで購入をしなくても、一般的に売られているリングをチェックしてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、プラチナやゴールド、ホワイトゴールドであっても価格もかなり身近なものに変わるはずです。

◆プラチナ

プラチナは結婚指輪としてとても人気の高い素材です。
硬さや変色しにくい、耐久性の高い素材です。
PT950とPT900の違いは、混ぜものの量の違いで、加工する段階での強度が変わり、PT900の方が職人さんが扱いやすく、デザインなどの加工がしやすいのだそうです。

ですが、使用感としては、体感するほどの差はないようです。
プラチナは純度が高いと柔らかいので、PT850~950であれば耐久性も良いそうです。ちなみに、850は85%がプラチナ、950なら95%がプラチナ、ということです。

◆ゴールド

ゴールドは金の純度が高いと弱くなります。
24金よりは18金のほうが結婚指輪には向いているといえます。

ピンクゴールドは強度は強いのですが、銅が混ざっていることから、若干変色に弱いのが弱点です。シルバーの変色より手強いかもしれません。

ホワイトゴールドはメッキをしているので、長期間の使用によりメッキがハゲることも考えられます。こうなると、メンテナンスが必要になります。

また、プラチナとゴールドなどのコンビ仕上げのリングは、サイズのお直しができないという難点があります。

結婚指輪の素材としても、様々ありますが、それぞれに長所短所があります。

デザインだけで選ぶよりは、一生ものということを考えて素材選びをすることも大事ですね。


最後に

こうしたシルバー以外の素材でも、貴金属が安く手に入る上野や御徒町などもチェックしてみると良いかもしれません。

ジュエリーショップによっては、身近な価格で手に入れることができることもあります。

ただし、きちんとPT950や18Kなどの刻印を確認するのをお忘れなく!

中には質の悪いものを売っているお店もあるようですので、しっかりと下調べをして、信頼のおけるショップかどうかの見極めも大事ですね。

こうして改めて見てみても、結婚指輪にシルバーはNGとは言い切れません。

私も本当はシルバーが良かったのですが、耐久性を考えてプラチナを選びました。

特にブランドなどでなく、一般的なペアリングで。

我が家の場合は、主人になんのこだわりも無かったので、ほぼ私の好みで選びました。

私もブランドには興味が無かったので、あくまでデザインで選んだので、予算的にはそれほど高くなかったと思います。

もう、ん十年前の話で恐縮ですが^^;

お二人で気に入ったシルバーのリングがあったのなら、そのチョイスも素敵ですよね♪

何年後かに、例えばお子様が生まれた記念に、今度は石をひとつずつ入れてリメイクしたり、なんてこともできるかも。

どのような指輪を購入しても、お二人が幸せならそれでいいって思うのは私だけでしょうか^^

どうぞお幸せに!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑