体が疲れやすいのは食事が原因?そのだるさ、◯◯◯◯◯不足かも

公開日:  最終更新日:2017/04/02

最近なんだか疲れが取れなくてだるいなぁ、いつも眠いし。

こんなときってありませんか?

ゆっくりと休養をとることも大事ですが、あなたの生活習慣が原因かもしれません。

特に食生活、見直しが必要かも?なんて感じていませんか?

ビタミンBの不足が引き起こす不調

こうした不調はあなたの食生活でビタミンB群が不足しているせいかもしれません。

ビタミンB群が不足すると、乳酸が溜まり、疲労、肩こり、筋肉痛などが起こりやすくなるのです。

ビタミンB群には、

ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン(B3)
パントテン酸(B5)
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
ビオチン

があります。

これらビタミンB群は、互いに助けあいながら、ヒトの身体の中でエネルギーを作り出しています。

このビタミンB群が不足すると、どうなるのでしょうか?

肩こり、疲労、疲れやすい、だるい、記憶力の低下、集中力の低下、肝臓機能の低下、成長停止、疲れ目・充血、口内炎、口角炎、皮膚や粘膜の炎症、じんましん、うつ、イライラ、胃腸障害、下痢、めまい、頭痛、浮腫性湿疹、貧血、食欲不振、脱毛、白髪、無気力、むくみ、筋肉痛、脚気

などなど、実に様々な機能が低下し、皮膚や内臓にも異常が現れるようになります。


スポンサードリンク

ビタミンB群が不足する食生活とは?

では、ビタミンB群が不足しやすい食生活とはどのようなものでしょう?

まず、精製された食品の多食、脂肪の摂り過ぎ、アルコールの多飲、ストレス過多、加齢などにより、ビタミンB群が大量に必要となります。

精製された食品というのは、白米、小麦粉を使ったパンや麺類、白砂糖、など日常的に多く摂取している食品です。

こうしたものを、身体の中で分解・代謝するのには、たくさんのビタミンB群が必要です。

最近の食生活では、精製された食品や加工された食品が多く取り入れられるようになっており、野菜不足も多く、もともとビタミンB群の摂取量が減少していると言われています。

そのうえで、ビタミンB群を大量に必要とするような食生活をしているので、さらなるビタミンB群不足に陥ってしまうのです。

カップラーメンやファーストフード、コンビニなどの食品で主に生活しているような場合は、気をつけないといけません。



ビタミンB群の多い食品とは

ビタミンB群をバランス良く摂るためには、やはりバランスの良い食事が一番です。

特にビタミンB群が多く含まれる豚肉、レバー、マグロ、かつお、バナナ、ナッツ類、納豆、タマゴ、青菜などを中心に、様々な食品と組み合わせて摂ることが必要です。

ビタミンは身体の中ではほとんど生成されないため、普段の食事から摂取する必要があります。

疲れが取れない、元気が出ない、肩こりが解消しない、気分が重いなど心あたりのある方は、日々の食生活でビタミンB群が不足していないか、改めて見なおしてみませんか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑