これってお中元を断られたの?今後はどうすればいい?

公開日: 

お中元を長年送っている相手から、これまでなかったお返しの品が届いた。

これってどういう意味?と悩む方も多いのではないでしょうか?

今回は、お中元やお歳暮を贈った相手から辞退の意思表示とも受け取れる返礼などがあった場合にどうしたらいいのか、についてご紹介します。

お中元にお返しが届いた、これってお断りの意思表示?

一般的に、お中元やお歳暮というのは、目下のものが目上の方へ日頃の感謝を示すためにお送りするもの。

頂いた方は、お返しをしないのが普通です。中には半返しなどでお返しをする方もいますが、同等のものをお返しするというのは、「今後お気遣いなく」というメッセージであったりもします。

バッサリと、今後はこういったものを送らないでくれ、と言えれば、相手にも間違いなく伝わりますが、そう言ってしまっては、これまでの関係性に影響を与えるかもしれません。

贈る側である間、なかなか気づかないものですが、もらう側が断る場合も、たくさんの方が悩まれているんです。

やんわりお断りするときに、そのようなお返しをして、中には合わせてお手紙などでも「今後はお気遣いなく…」と添える方もいらっしゃいます。

長年送り続けていると、贈る側は昨年も送ったから、とお中元やお歳暮を贈りますが、もらう側からすれば、特にお世話もしていないのに、いつまでも送られて、また今年も届いてしまうのか、などと気を揉んで、もしかしたらあなたからの贈り物が心の負担になってしまっているかもしれません。

手紙も電話もなにもなく、ただ送られてくるだけのお中元やお歳暮は徐々に見なおしてみるということも必要かもしれませんね。

かと言って、「今後は…、」と言われた途端にやめるのはどうなんだろう?なんてこれもまた悩んでしまうもの。

ですが、相手からすれば、長年お中元やお歳暮を送ってもらった方に、今後はお気遣いなく、と伝えるのでも、かなり思い切った判断なのではないでしょうか?

そうした相手の方の意向を無視して送り続けるのが相手にとって本当に良いことなのかどうか?

スポンサーリンク

それ以降も感謝の気持ちをどうしても表したいなら、たまに会いに行くとか、季節ごとにお手紙を出すとか、そういった形に変えることでアプローチするという方法もあります。

お中元やお歳暮の熨斗をつけたかしこまったものより、ちょっとした手土産、という感じであれば、先方も気を使わずに済むかもしれません。

お中元やお歳暮を辞退したくて、何度かやんわりお断りしているのに、相変わらず送ってきて本当に困っている、という方も世の中にはたくさんいる、ということも贈る側としては覚えておいたほうが良いですね。

辞退のお手紙とお返しの品が届いた場合

これまで長年送り続けていた相手から突然これまではなかったお礼の品が届いた場合、どのように対応したらいいでしょうか。

電話して、「かえってお気遣いをいただくことになってしまって、すみませんでした。」などとお話するのも良いと思います。
そこでも今後の気遣いはもういいから、と言われたら、以降は辞退するのが良いですし、いいきっかけになるのでは。

もしお手紙を出すなら、

拝啓 暑気厳しき折柄、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

この度は結構なお品物を戴き、ありがとうございました。

いつも◯◯様には大変おせわになっておりまして、こちらとしては感謝の気持ちとお贈りしておりましたが、今回のようにお気遣いを頂くこととなってしまい、恐縮しております。

暑い日が続きますが、何卒ご自愛下さいませ。

敬具

こうした文面にあなたの気持ちを伝える言葉を添えてみてはいかがでしょうか?

最後に

こうした贈答品などの考え方は人それぞれですよね。

相手の受け取り方にもよりますし、なかなか判断が難しいことが多いもの。

スポンサーリンク

あなたの感謝の気持ちを伝えることも大切ですが、相手の立場や考え方にも配慮して
お互いに気持ちのよい贈り物となると良いですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑