結婚指輪にピンクゴールド、気をつけること、デメリットは?

公開日:  最終更新日:2017/03/10

ピンクゴールドの指輪がかわいい!って思うんだけど、結婚指輪ではどうなのかな?

結婚指輪は一生ものなので、長い目で見てどうなのか、ちょっと迷っている、なんてことはありませんか?

今回はそんなお悩みの参考になる、ピンクゴールド購入時に気をつける点などについてご紹介します。

ピンクゴールドはサイズ直しが難しい?

ホワイトゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールドは金・銀・銅の三種類を混ぜてつくっています。

その中でも、銅の割合を増やしているのがピンクゴールドです。銅というのは硬くなりやすいために、サイズのお直しができないことが多く、できても±1サイズまで、というのがほとんどです。

指輪のサイズって、思っているより変わりやすいもので、特にずっと身につける結婚指輪の場合、指輪が入らなくなってしまったとき、どうしよう?というのは、なかなか大きな問題ですね。

ピンクゴールドって剥げたり、変色したりするの?

ピンクゴールドのメッキ仕上げのものであれば剥げますが、結婚指輪であれば、メッキのものは少ないと思われます。
これは購入時に店員さんにしっかりと確認しましょう。

通常、ピンクゴールドで剥げるということはないですが、銅や銀が入っているため、酸化などにより若干ピンクが強くなる、黒ずみが出るといったことはあります。

最初の綺麗なピンクが経年で色あせてきた、ということもあるようです。
こうしたことはブランドや素材の違いでも変わってくるので、店員さんによく相談したほうがいいですね。

普段のお手入れも必要で、貴金属用の柔らかい布などでこまめに磨いてあげるといいでしょう。

お店によっては、有料で新品加工などをしてくれるところもあるので、どういったメンテナンス方法があるのか確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ピンクゴールドは年齢を重ねると似合わなくなる?

結婚指輪を購入するお年ごろではピンクゴールドも似合っていたけど、年齢を重ねたときにどうなんだろう?こうした心配をされる方も少なくないようです。

長期的に、30代の頃、40代の頃、50代になったら、などと考えるとちょっと心配かな?と考える方もいるようですね。

肌が透き通るような白い手の頃には、とっても素敵ですが、徐々にシワができて、シミができて、段々に似合わなくなってくるよ~なんてアドバイスも聞いたことがあります。



最後に

こうした点を考慮してもやっぱりピンクゴールドのかわいい指輪が欲しい!というのももちろんあり!ですよね^^

最近ではゴールドのどのタイプの色も結婚指輪として購入する方が増えているそうです。

デメリットがいくつか考えられますが、例えば硬くてサイズ直しが難しいというのも、裏を返せば変形に強いというメリットですよね。

ピンクゴールドはお肌に馴染む色なので、人気もあります。

サイズ直しはさらに難しくなってしまいますが、コンビネーションの指輪も素敵ですよね。

どのお色でも、素敵な指輪が見つかるといいですね!

どうぞ、お幸せに(*´艸`*)

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑