熱中症の症状、どうなる?対策は?やってはいけないことは?

公開日: 

熱中症って毎年夏になるとよく聞くけど、実際どうなっちゃうの?

これまで熱中症にかかったことが無い方は、自分には関係ないことと思っているかもしれません。

ですが、熱中症は突然襲ってきます。

5aaec0013e80a9a95ed5114641a826b5_s

今回は、熱中症についての対策、やってはいけないことなどをご紹介します。

熱中症ってどうなるの?

・立ちくらみ
・呼吸が荒くなる
・顔色が悪くなる
・しびれ
・めまい
・痙攣
・大量の汗

さらにひどくなると、

・ぐったりと疲労感に襲われる
・頭痛
・吐き気・嘔吐
・失神
・顔面蒼白
・血圧低下

そして、さらにひどくなれば、

・意識障害
・全身痙攣
・高熱

これらの重篤な症状が出ると、命に関わってきます。

熱中症の対策は?やってはいけないことは?

症状が出たら、身体を冷やさなければいけません。

できるだけ涼しいところ、風通しの良いところで、水分や塩分補給します。

身体を締め付けているものがあれば、緩めてましょう。

濡れタオルなどで身体を冷やすのも効果的、首や脇の下、足の付け根などを冷やします。

霧吹きなどで水をかけたり、うちわや扇風機、ドライヤーの冷風などで風を送るのも有効です。

この時与える水分としては、スポーツドリンクなどが良いのですが、市販のものは塩分より糖分が多く配合されています。

スポーツドリンクを二倍に薄めて、少し塩を足すのが理想的な濃度なのです。

病院の先生に聞いたら、500mlのスポーツドリンクなら、1,000mlになるように水で薄めて、塩を2グラムから3グラム足すとちょうど良いそうです。

スポンサードリンク

熱中症は身体の中の水分と塩分が不足した状態ですので、脱水のときに水やお茶だけで水分を補給すると、さらに体液が薄まってしまうので、これはやってはいけません。

体液が薄まると、身体の中では、その濃度を高めるために、水分が余計だと判断して排尿や汗でどんどん水分を出そうとしてしまって、結果、さらなる脱水を引き起こします。

ですから、熱中症の症状が出たら、水分をがぶ飲みするのは避けて、必ず塩分も補給しましょう。

糖分は体力を補うために加えます。

身体が暑くなっているからといって、解熱剤を使用すると肝障害などに繋がる恐れがあるので避けた方がよいそうです。

症状が悪い時は自己判断で薬など服用せず、すぐに病院へ行きましょう。
必ずしも熱中症であるとも限りません。

熱中症を防ぐには

暑くなると、誰でも体力を奪われますよね。

熱中症を防ぐには、春から暑さに負けない身体づくりを意識しておくことも大事です。

暑くなると、冷たいお茶やジュースをがぶ飲みしたり、アイスや口当たりの冷たいものばかり食べたりと、胃腸の機能が低下するようなものばかり口にすることも多くなります。

こうしたことで、身体全体が弱った状態になり、悪循環を引き起こします。

身体を冷やし過ぎないよう、日頃の食生活で栄養バランスを整えましょう。

また、日頃からこまめに水分をとる習慣をつけておくことをおすすめします。

のどがかわいたな、と思った時にはすでに体液が失われてしまっています。
そうなる前に、水分を補給しましょう。

特に運動するときには意識して運動前、運動中、運動後に20~30分おきに水分補給をしましょう。

小さな子供さんは、体温の調節機能がまだ発達していないので、熱中症になりやすいもの。顔のほてりや身体の熱さなど気をつけましょう。

アスファルトの地面などでは、小さな子供は大人より暑さをダイレクトに受けることになります。ベビーカーでの暑さなどにも気を配りたいですね。

日除け、こまめな水分補給、風通しを良くする工夫など、配慮して熱中症を防ぎましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑