貧血が悪化、原因はこれ?貧血の改善方法は?

公開日:  最終更新日:2017/03/21

貧血が悪化する原因は?
貧血になると、どんな症状がでるの?

貧血を改善するにはどうしたらいい?

今回は、貧血が起こる原因や症状、改善方法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

貧血が悪化する原因は?

例えば、

体内のどこかで出血している
生理中である
スポーツしていて鉄分の補給が間に合わない

などの理由が考えられます。

血便や血尿などが続けば、貧血になります。
スポーツをして、筋肉ができる時にも鉄分が使われます。
そして、その筋肉が増えることで、さらに鉄分が必要になってくるのです。

また、汗をたくさんかいても、鉄分は汗と一緒に流れていってしまいます。

日常生活でも、食事での鉄分の摂取量が少なかったり、鉄分の吸収を妨げる食生活をしていると、鉄分不足になります。



貧血になるとどんな症状がでるの?

貧血で起こる症状には次のようなものがあげられます。

・頭痛
・顔色が悪い
・どうき、息切れ
・めまい
・耳鳴り
・疲れやすくなる
・肩こり
・耳鳴り

あっかんべーした時に、まぶたの裏に血の気がなく、白くなります。

鉄というのは、体内のすみずみまで酸素を運搬する役割を持っています。
鉄が不足すると、酸素が行き渡らずに、あくびが出たりします。脳が酸欠になり、身体がそれを補おうとしてあくびが止まらなくなるのです。

スポンサードリンク

貧血の改善・解消の方法は?

病院で貧血と診断されると、大体の場合、鉄剤を処方されます。

この鉄剤を飲むと、吐き気や下痢、便秘など副作用が起こることが多いのだそうです。

重度の場合は、こうした鉄剤でいち早く状況を改善した方が良いのでしょうが、やはり日頃の食生活を見直すことも大切ですよね。

鉄分の多い食材と言えば、

レバー、牛肉、ひじき、切り干し大根、しじみ、プルーン、レーズン、きくらげ、カツオ、あさり、牡蠣、イワシ、納豆、高野豆腐、がんもどき、小松菜、枝豆などがあります。

また、その吸収力を高めるためにビタミンCやたんぱく質を摂ると良いのだそうです。

逆に、紅茶や緑茶などに多く含まれるタンニンという成分は、鉄分の吸収を妨げます。

日頃から、鉄分を補給するための食事を意識し、さらに吸収を阻害するものなどを避けてできるだけたくさんの鉄を自然な形で吸収できるようにしたいものですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑