自転車用のサングラス、普通のサングラスのとの違いはコレ

公開日: 

自転車用のサングラスを探しているんだけど、普通のサングラスじゃダメなの?

自転車用のサングラスと言えば、こんな形のものが多いですよね。

こうしたスポーツ用のサングラスというのは、普通のサングラスと何が違うのでしょうか?

a62759d38da90102b58a8234843f8de9_s

今回は、自転車用のサングラスについてご紹介します。

スポンサーリンク

自転車用のサングラスって何が違うの?

スポーツ用のサングラスというのは、通常のサングラスより、顔にフィットするような作りになっています。

自転車で走行したときに、目とサングラスの間に風を巻き込まないようになっているんです。

こうしたことで、細かなゴミなどが眼に入るのも防いでくれるのです。

普通のサングラスをして自転車で走行すると、風を巻き込み、ゴミも入りやすくなる上に、目が乾燥しやすく目の疲れにも繋がります。

スポーツ用サングラスは、レンズのカーブもより顔に沿うように作られているため、フィット感も違うのです。

目のUV対策としてのサングラスの役割

お肌の紫外線対策はしっかりとしていても、目の紫外線対策を考えることってあまりないですよね。

ですが、眼病など、目のトラブルのもとにもなる紫外線。

売り場にあるサングラスを見ると、「家庭用品品質表示法による表示」といって、紫外線カット率などが表示されていますよね。

こうした数値を確認して、紫外線カット率の高いもの、信頼できるものを利用したいですね。

紫外線は見えないだけに、長時間晒されたときの影響などが怖いですね。
こうした時は、紫外線対策をして紫外線から目を守りましょう。

スポンサーリンク

紫外線が目に及ぼす影響とは

紫外線による目のトラブルとは、どのようなものがあるのでしょうか?

快晴の日に、裸眼で一日中外で紫外線に当っているようなときは、あとで目がチカチカしたり、目の痛みを感じたり、充血したり、ということはありませんか?

これは、紫外線によるダメージでもあります。

角膜に紫外線を浴び続けることで、角膜が炎症を起こしてしまうのです。

こうしたダメージを受け続けることで、白内障などの眼病に繋がることもあるのです。

ひどくならないうちに、お肌と同じように目の紫外線対策も考えたいですね。

帽子も併用で紫外線予防効果UP、、だけど

炎天下でのスポーツは、サングラスをしても、脇からの紫外線は避けきれません。

帽子を併用することで、こうした紫外線をダブルでシャットアウトする効果もあります。

ですが、自転車の場合は、つば広の帽子などは不向きですよね、

そうしたことからも、やはり脇まで紫外線をよけるようなデザインのものがオススメなのです。

色のないサングラスでも効果あり?

目の紫外線対策はしたいけど、色のついたサングラスをするのには、ちょっと抵抗がある、なんていうこともありますよね。

色が薄くても、また、色がついていなくても、紫外線カットの効果があるものはあるんです。

こうしものであれば、抵抗なくチャレンジできそうですね。

また、紫外線の量に合わせてレンズのカラーが変わる調光レンズなどもあります。

色とは関係ありませんが、ギラギラとした日差しからの反射を抑えるための偏光レンズなども試してみると良いでしょう。反射を防ぎ、見え方が違ってきます。

最後に

紫外線対策でのサングラス選びは、信頼のおけるメーカーやブランドのものを選びたいですね。

自転車用としてサングラスを購入するときは、フィット感などの使用感が非常に大事なので、専門店でしっかりとフィッティングしてもらって購入を検討するのがおすすめです。

度付きともなれば、目とレンズの距離が普通のメガネとも違ったり、レンズのカーブとの関係性などもあり、やはり専門店で相談するのが一番でしょう。

長時間身に付けるものなので、サングラスをかけることでストレスになるようなら意味がありませんよね。
それにしっかりと選んだものには、愛着があり大切にできるもの。

スポンサーリンク

安易に安いものを選ぶのではなく、フィット感や紫外線カットなどの機能を考えて長く使えるものを選ぶのが、結局は一番安くつくのかもしれません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑