オイルのシミ抜き、きれいに落とす方法、実際にやってみました

公開日:  最終更新日:2017/03/21

先日、買ったばかりの白いワッフル地の綿のパーカーに、
自転車のオイルらしきシミをつけてしまいました。

普段なら、ちょっとやってみて落ちなくて諦めるレベルの黒いオイルのシミ。

買ったばっかなのにやっちゃったなぁ~と思ったんだけど、今回は諦めずに済むかもしれない!

ちょうど先日、クリーニングの神様、横倉さんがテレビで紹介していて、その方法をこちらのブログでもご紹介したばかり。

これは、あの方法を試してみる良い機会だ~!と思って、チャレンジ。

白い綿の素材に黒いオイル。
これってもう諦めるしかなさそうだけど、実際どうなったのか、

写真付きでご紹介します。

スポンサードリンク

白い綿素材に黒いオイルのシミ

自転車に乗って返ってきたら、着ていた白いパーカーの袖の結構目立つところに、自転車のチェーンのところの黒いオイルかな?っていうような黒いシミが付着していました。

2016-06-24_142159368_08DEB_iOS
2016-06-24_142205082_B83F4_iOS

たくさんついたわけじゃないけど、真っ白いパーカーだから目立つし、もう染みこんでる感じだし、ちょっとこれは完全には落ちないかも~、ショック(T_T)

でも、この前テレビでクリーニングの神様がどんな汚れも落ちる!って言ってたし。

それに、このシミはつけたばかりだから、落ちやすいはず!!

それでも、なんだか見た目にもすでに生地の奥まで染みこんじゃってる感じ。

まぁ、ダメ元でやってみるかぁ、と試してみることにしました。

スポンサードリンク

オイルの汚れにはクレンジングオイル

確か化粧とかオイル系のシミにはクレンジングオイルがいいって言ってた。

でも、私が使ってるのは、クレンジングジェル。

まぁ、ひとまずこれでやってみるか~、と、テレビでやってたように、汚れの裏側から、ジェルを乗せ、裏には古いタオルを当て、歯ブラシで優しくトントンと汚れを叩いていきます。

2016-06-25_073908123_08496_iOS

歯ブラシで叩いてると、どうしても力を入れたくなるんだけど、力を入れると、素材が傷むので、優しくやさしく汚れを下のタオルに移していきます。

オイルじゃないから、もしかしたら少しオイルより落ちがわるいかも?

2~3回やってこんな感じ
まだ黒いポツポツが残ってます。でも、ちょっと落ちてきたかも!

2016-06-25_074630891_62779_iOS

裏に当ててるタオルも、少しずつ綺麗なところにずらしながら、さらにジェルを付けてやさしく叩くを繰り返します。

全部で5~6回繰り返して、水で軽く揉み洗いしたら、こんなに綺麗になりました。

2016-06-25_074957925_9B71B_iOS

ごくわずかにポツんと黒い小さなシミが残っていますけど、わかりますでしょうか?

これを普通に洗濯して、すっかり綺麗になりました。

2016-06-27_113201199_BE491_iOS

まさか、白い綿の生地に染みこんだ黒いオイルシミがこんなに綺麗に落ちるとはちょっとビックリしました。

ちょうどテレビを見てて良かった~^^

先日テレビでやってたクリーニングの神様の汚れ落とし方法はこちらの生地をご参考にどうぞ

シミ抜き、クリーニングの神様、モーニングショーで紹介の方法とは?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑