生栗から作る、簡単♪自家製モンブランのレシピ

公開日:  最終更新日:2016/10/05

生栗が店頭に並ぶ時期になりました。

この時期は、栗を使ったスイーツもたくさん販売されて、栗好きの方にとってはウキウキする季節ですよね。

3d46b87797edf9715645ec556806e0fd_s

私も栗の入ったスイーツが大好き。
でも、栗そのものを茹でて食べるということはほとんどしません。だって甘栗ならいいけど、食べるのめんどくさいし、パサパサしてるし。

栗好きの好きなケーキといえば、モンブランですが、このモンブランって元々はイタリアで栗のペーストに生クリームを添えたのが始まりとか。

日本でいうモンブランは、スポンジケーキにクリームが乗ってて、その上に芋のペーストがおそばみたいになってのっかってるやつ、ですよね。

これ、生栗からも簡単に作れるんですよ~。
そして、何より超美味しい♪

簡単っていっても、栗の皮剥きは必須なので、そこだけちょっとがんばればできちゃうので、栗好きなら是非一度試してみてくださいね^^

スポンサードリンク

生栗から作る自家製モンブランの材料

まずは材料ですが、

栗(大きめの栗がおすすめ)

牛乳
砂糖

生クリーム

以上です。

シンプルなだけに、栗の本来の風味がしっかりと味わえる、本物のモンブランが楽しめます。
いつも全部目分量で作ってしまうのですが、それでも失敗なしの簡単レシピです。

参考までに、正確ではありませんが、今回栗は500g、砂糖はてんさい糖を100gほど、牛乳は300mlくらい使いました。

生栗から作る自家製モンブランの作り方

1.鍋にお湯を沸騰させ、火を止めて洗っておいた栗を入れる
(こうすることで、栗の鬼皮が柔らかくなり、とっても剥きやすくなります)

2016-10-04_014032912_67a09_ios

2.10分ほど置いたら、栗の鬼側を剥く
栗の下の方に包丁を入れて剥いていくとむきやすいです。
2016-10-04_021302403_7c119_ios

渋皮はピーラーを使って剥くとラク
(右手にピーラーを持つ場合、まな板の右端のほうに栗を置いて、左手で栗を抑えてピーラーで剥くと手を切ることもなく、剥きやすくなります。ただし、小粒の栗だと、ピーラーで剥くのは難しいかも)

2016-10-04_021618938_e358c_ios

皮を剥いた栗は、剥いたものから水に浸す

3.2の栗を、サッと洗って鍋に入れヒタヒタより多めの水を入れて煮立たせ、煮立ったらザルにとってサッとあらい、再び同じように水を入れた鍋で煮立たせる。

同じことを2回繰り返すことで、栗のアクを抜きます。
1度目は茹で汁が濁るけど、2回目の茹で汁は透明になります。

これが2回目茹で上がったところ
2016-10-04_025116318_d191a_ios

煮立ってから5分ほど煮て、ザルにとり、湯をきりサッと洗います。

4.3の栗を再び鍋に戻し、栗がヒタヒタに隠れるくらい注ぎ入れ、

2016-10-04_025352712_6d34c_ios

弱火にかけ、時々かき混ぜながらじっくりと30~40分煮ます。途中、牛乳が無くなりそうな時は牛乳を足します。

焦げやすいので、こまめにチェックして、混ぜながら煮ていきます。

2016-10-04_031913768_e3c45_ios

5.栗が柔らかくなり、ゴムベラでも簡単に潰れるようになったら、お砂糖を入れます。
お砂糖の量はお好みですが、今回は500gの栗に100g程度を目安に入れました。

砂糖はあとでも追加できるので、栗の風味が無くならない程度に、少なめに入れて最終的に練状になってから調節します。

2016-10-04_034512824_05f1b_ios

6.だいたいの栗が潰れて、緩いペースト状になったら、一度火を止めて30分~1時間ほど放置、すると、水分が飛んで練あんくらいのペースト状になります。

2016-10-04_045208527_95dd1_ios

ここで味見してみて、甘さが足りないようなら足しましょう。
気持ち甘めにしたほうが、栗の美味しさが引き立ちます。
その代わり、生クリームは甘さ控えめにします。

7.練状のままで生クリームを添えるだけでも美味しいのですが、やはりモンブランのようにそばのような状態(長さは短いですけど、これをするとしないでは大違いなんです)にするとさらに美味しいので、目の粗いザルなどで裏ごしするのがオススメ。

2016-10-05_11-31-48_4402016-10-05_11-31-43_798

この裏ごしした状態をあまり潰さないようにお皿に盛り付け、生クリームをかけて頂くと、絶品です♪

2016-10-05_11-38-51_764

このスイーツ、牛乳が入っているため、あまり日持ちしません。
お早目に召し上がって下さい。

といっても、作ったら美味しくて、あっという間になくなっちゃうんですけど^^

スポンサードリンク

行程を見ると、大変そうなんだけど、皮を剥いたら、あとはあっという間。
栗は、皮むきが大変なんだけど、熱湯に浸すのと、渋皮はピーラーを使うことで、かなり手間も省けます。
栗を手に持ってピーラーで剥こうとすると指を切りやすいので、まな板に置いて、指で固定して剥く方法がおすすめです。くれぐれもお怪我しませんようにご注意を!

2回茹でこぼして、最後牛乳でコトコト煮て柔らかくなったら砂糖いれて、すっかり冷めたらお好みで裏ごししてソバ状にするだけ。しっかり冷やしてから裏ごしすると形が残りやすくてキレイです。

実は本格的に市販のモンブランのようにソバ状にする、それ専用の製菓器材もあるみたいですが、とても高価なものだったので、ザルで代用してます(笑)

生クリームがなければ、この栗だけを丸めてお団子状にしたら、栗絞りとかって高級和菓子にもなっちゃいます~。裏ごししなければ、栗がランダムにゴロゴロとして、これもまた美味しいですよ!

栗の美味しい季節、大粒の栗が手に入ったら、是非試してみてくださいね♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑