エプソンのEP-879A、前機種EP-808Aとの比較、価格差は?

公開日: 

昨年発売されたEP-808Aは、そのさらに前の機種EP-807Aと比較して、消費電力が少し下がった位で、その他の内容としてはほぼ同じ、ってことで、値段の安い前機種のほうがかなりおトク、っていうレベルのものだったのですが、

というか、ここ数年は大きなモデルチェンジもなかったんですよね。

ですが今年はちょっと違います。

エプソンのEP-879A、こちらの最新機種は、

・サイズ
・画質
・インク

「進化が詰まった新カラリオ」というだけあって、あれこれとリニューアル、バージョンアップがなされています。

ではどこが変わって、何が良くなったのか、今回はこちらの内容をご紹介します。

エプソンのEP-879A、前機種との比較

今回大きくリニューアルした部分をひとつずつ比較してみましょう。

スポンサードリンク

EP-879Aは、よりコンパクトに

まず最も異なるのは、そのコンパクト性。

元々コンパクトだったエプソンのカラリオ。

前機種のEP-808Aのサイズは
W390×D341×H141mm、重さは約6.9kgとなっていました。

実際この前機種でもすでにかなり小さくて、フリーボックスなどにもこじんまりと収まるサイズでCanonのプリンターと比較してもそのコンパクト性は勝っていました。

そして最新機種のEP-879Aは

W349×D340×H142mm、重さは約6.7kg

注目すべきは、横幅が約4cm小さくなっていること。

zaizu

4cmというと、かなりのサイズダウンですね。

EP-879Aは、デザインがすっきり

※こちらの2つの写真は個別に撮影されており、大きさを比較するものではありません。

前機種 EP-808A
ep808a

最新機種 EP-879A
ep-879aw

リニューアル前もシンプルですっきりとしたデザインでしたが、
今回、無駄なところを省いてよりすっきりしていますね。

どの角度から見てもスッキリ見えるようにデザインされているので、置き場所も選ばずコンパクトにすっきり設置できます。

EP-879Aは、より高画質に

今回、新6色インクを採用しています。

元々エプソンのプリンターはカラーに強いというイメージがありますが、今回の新6色インク採用で、緑がキレイに、さらに鮮やかに、ということでアピールされています。

また、エプソンの弱みだった黒文字についても、くっきりはっきりと文字がキレイに発色しています。

kuromoji

スポンサードリンク

EP-879Aのその他の改良点は?

【インク切れの「黒だけモード」と「黒インクセーブモード」】

エプソンは、ひとつのカラーでもインク切れになると印刷がストップしちゃってたんですが、

「黒だけモード」という機能で、カラーインクの残量が限界値以下になっても、最長5日間、黒インクのみのモノクロプリントができます。

逆に「黒インクセーブモード」という機能では、黒インクの残量が少なくなった時に、黒インクではなく、カラーインクでモノクロ部分を印刷することができるようになります。

うっかりインクを切らしてしまったときでも、こうした機能があるっていうのはなかなか便利ですね。

【音が静か】

印刷時の音、インクのヘッドクリーニング時の音について、前機種と比較して高い周波数の音をカットして、軽減しています。

【直感タッチパネル】

タッチパネルがスッキリ、前から操作もわかりやすかったのですが、今回より直感的に操作が可能となった「直感タッチパネル」となってます。

わかりやすいアイコンなど、すぐに使いこなせる工夫が取りいれられています。

【デザインペーパー】

EP-879Aの「デザインペーパー」ってどんな機能でしょう?

タッチパネルで「いろいろ印刷」というボタンから選択できる「デザインペーパー」

これもEP-879Aの新機能。

名刺やカードなどもプリントできますが、液晶パネルからデザインを選択してお好みの用紙にそのデザインを印刷することで、それを元にブックカバーやポチ袋、来客用の箸袋などを作ったり、ラッピングしたり、フラッグガーランドを作ったりと、あれこれ楽しく活用できます。

potihuragguhashibukuro

【新アプリで写真ほ保存も楽々】

スマホやデジカメ、タブレットなど、それぞれの媒体に保存された写真をプリンターがまとめて保存してくれるアプリ「Epson Photo Library」で一括管理できます。

写真データは容量が嵩むので、このアプリを利用することで、容量の削減にも役立ちます。

またスマホで写真データの管理や印刷も可能になるので、PCが無くてもプリントが可能です。

その他の性能

以下の機能は、前機種と同じ内容となっています。

機能:プリンター、コピー、スキャン

自動両面印刷

スマホ・タブレットからプリント

有線/無線LAN対応、Wi-Fi Direct搭載

用紙サイズ:A4まで
L版印刷:1枚13秒

フロントトレイ
A4:最大100枚(75g/m2)
ハガキ:最大60枚(上トレイ 最大20枚、下トレイ 最大40枚)

リア(背面)トレイ
手差し最大枚数1枚(最大サイズ A4、リーガル、最大紙厚 0.6mm)

ディスクレーベル印刷 

本体カラーは黒・白・レッドの三色。

最後に

今回5年ぶり位で大きなリニューアルとなったエプソンのカラリオですが、こうなると、前機種の価格がグッと下がるもの。

昨年などは、前機種もほとんど内容が変わらないということで、価格的にもあまり差がなかったのですが、今回はかなり価格差が開くでしょう。

現時点で、アマゾンでは

最新機種が30,000円弱、
前機種は13,500円

差額は16,000円ほど。

なんと最新機種の価格で前機種EP-808AWなら2台購入してもおつりが来るという驚きの価格差になってます。

大きなリニューアルではありますが、今回のリニューアル内容にこの差額の価値を見いだせない場合や、とにかく低価格がいい、という場合は、前機種の購入がオススメです。

前機種でも写真、年賀状や書類などを印刷するのに、十分な性能を搭載していますので。

内容、価格を比較してあなたのニーズに合わせて選択されるとよいですね。

ただし、ここまで価格差が開くと、前機種の人気が急上昇したりすることもあります。前機種は在庫に限りがあるので狙っている方はご注意を!

以下、アマゾンと楽天の最新価格をご参考に
いずれも送料無料です。

★前機種 EP-808A (アマゾン)

★前機種 EP-808A (楽天)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 エプソン カラリオ EP-808AB ブラック
価格:13900円(税込、送料無料) (2016/10/25時点)

★最新機種 EP-879A (アマゾン)

★最新機種 EP-879A (楽天)

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑