冷蔵庫 野菜室が真ん中のを探して検討した結果、我が家ではこれを選びました

06a7193a7e7bff82fcb5b3f04bf51897_s

冷蔵庫を買い換える時、毎日お料理をする主婦にとっては、野菜室の位置ってかなりの重要ポイントですよね。

あなたは野菜室が真ん中にあるのと、下にあるのと、どっちがお好みですか?

 

今回は、我が家の、野菜室が真ん中にある東芝の冷蔵庫が壊れてしまい、新しいものを買い換える際に検討したこと、店員さんから聞いたこと、最終的にどういう冷蔵庫を選んだか、などをまとめてみました。

あなたの冷蔵庫選びの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

冷蔵庫 野菜室が真ん中の東芝の冷蔵庫が壊れました。

我が家では野菜室が真ん中にあるのが魅力で東芝の冷蔵庫を使用していました。

毎日しっかり働いてくれていましたが、購入から15年目のある日冷蔵庫が冷えていないことに気付き、数日したら冷凍庫が冷蔵庫になり^^;やがて氷も溶け出しました。

 

なんとも残念ですが、さすがに寿命と諦めました。

慌てて、「再び野菜室が真ん中にある冷蔵庫を!」と思い、家電店へ。

 

冷蔵庫 野菜室が真ん中のメーカーは?

ところが、野菜室が真ん中にある東芝の最新の冷蔵庫を見てみると、我が家の壊れた冷蔵庫より野菜室が狭くて、同じ東芝なのに、あれ??って感じでした。

 

そこで、店員さんに聞いてみると、

 

・野菜室が真ん中の冷蔵庫を作っているのは東芝だけ(※)

 

なのだそうです。

※ 文末に2016/8/27 追記あり

 

え?そうなの?

なんと、、、ちょっとがっかり。

さらに、店員さんが言うには、

 

・野菜室が真ん中のものは中国製。

 

なのだそうです。

 

それを聞いて、始めて他のメーカーのものに手を出してみたら、野菜室の中のトレイがしっかりしてる。

そう言えばさっき見ていた東芝のトレイはなんだかめちゃくちゃ軽くてチャチかった。ちょっと押したらパーン!と後ろに滑っていったっけ。

 

我が家の冷蔵庫も、プラスチックのトレイが数か所割れていたっけ。
(我が家は元気な男の子が二人いるので、使い方も荒々しいのですが^^;)

少々チャチな感じは否めないが、やはり日本人ですから、日本製を推したくなってきました。

 

スポンサーリンク

冷蔵庫 野菜室が下になる理由って?

店員さんがこう言ってました。

 

・野菜室が下になるには、製氷タンクの位置が関係している。

 

野菜室が真ん中にある我が家の東芝冷蔵庫。

これは、製氷のタンクの奥に20センチ以上の太いストロー状のものがあり、たまにそれを掃除しなくてはならないのですが、長いのでちょっと面倒。

 

野菜室が真ん中にもってくると、冷凍庫が下になり、結果製氷の給水タンクと製氷機に距離ができてしまい、結果、この長いストロー状のものが必要になってしまうんですね。すると、お手入れも手が届きにくくなり、衛生上どうなんですか?ってことになるわけです。

 

東芝以外の冷凍庫はどれも冷凍庫が真ん中にあるので、製氷タンクから直結で給水できるので、お手入れも楽で雑菌の繁殖などの原因となりにくいわけです。

主婦にとっては断然使いやすい野菜室が真ん中の冷蔵庫ですが、取扱メーカーが少ないのにはこんな理由があるのだそうです。

 

まとめ

以上の説明を聞いて、現状の野菜室真ん中のサイズも気になり、今回私は野菜室が真ん中という最初の一番の買いポイントを諦めました。

 

新しい冷蔵庫になり、最初のうちは、野菜を取りたくて真ん中を開けてしまうということを何度もしていましたが、徐々に慣れてきました。

ただ、私は163センチと背が高い方なので、特に野菜室が下だとしゃがまないといけないのでやはり不便を感じます。

背が低い女性の方だと、もしかしたらそれほど不便を感じないかもしれません。

むしろ、野菜室が真ん中だと、深さもあるので重い白菜とか大根なんかの出し入れが大変かもしれません。
もちろん、メーカーや冷蔵庫のサイズなどにも左右されますが。

 

【2016/8/27 追記】

家電量販店にお勤めの捨太郎さんから、とても参考になるご指摘&アドバイスを頂きましたので、この文章の下に表示されているコメントの欄をご参照頂ければと思います。
捨太郎さん、大変ありがとうございますm(__)m

 

こちらの方のご説明では、野菜室が真ん中の冷蔵庫は中国製のみ、という説明は間違ったもので、パナソニックは野菜室が真ん中の日本製を扱っているそうです。
日本製で野菜室が真ん中のものをご希望の方は、NR-JD5101Vなどをチェックされると良いですね^^

また、製氷室の位置との関係についても、さらに参考になるコメントを頂いていますので、ぜひご覧になってくださいませ。

 

ちなみに、私がこの冷蔵庫を購入するときに店員さんに提示した条件は、幅が65cmまで、容量は426Lのものからの買い替えだったので、それ以上の容量のもの、としていました。さらに、予算の関係もあったかもしれません^^;

お詫びとともに、追記させていただきます。

以上、あなたの冷蔵庫選びの参考になれば幸いです^^

 

【関連記事】

冷蔵庫観音開きのメリット・デメリットを利用者に聞いてみたらこうだった!

 

 

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:家電・グッズ 

最近の投稿

よく読まれている記事

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ