チョコが分離!戻し方、牛乳でも戻せる?再利用方法はあるの?

公開日:  最終更新日:2016/01/10

トリュフを作ろうとしてチョコレートを湯煎に掛けて、生クリームを入れて混ぜたら、あらら、チョコが分離してなんだか全然まとまらない!

4f29ed0c40a6b1f33b724b48d51d9263_s

チョコレートって温度にも水分にもとってもデリケート。

生チョコは作り方は単純で簡単そうなのだけれど、
実は扱いが慣れないと、なかなか難しいのです。

スポンサードリンク

チョコが分離 戻し方は?

とにかく、チョコが分離しちゃったら、慌てず騒がず、少量の生クリームを準備します。

分離したチョコレートは★乾いたボールに入れ湯煎に掛けて、★乾いたゴムベラで混ぜ、溶けた状態にします。
この時の湯煎の温度は★50℃弱。
目安としては、熱めのお風呂より熱く、指で触れる程度の温度。

ここに、★沸騰しないように温めた生クリームを大さじ1ずつ★「ゆっくり」と「乳化させる」ように混ぜていきます。

4回位に分けて少しずつ生クリームを足し、全体的にツヤが出てくれば成功。型などに入れて冷やし固めます。
※生クリームを足す分だけ、どんどん柔らかく溶けやすいものになります。

★のマークをつけたところをしっかりやらないと、そもそもの分離の原因となります。

・道具に水分がついていないか、
・湯煎の温度が熱すぎないか
・生クリームを沸騰させない
・ゆっくりと溶けたチョコレートと生クリームをなじませる

湯煎の水分がチョコレートに入ってしまうなど、水分での失敗も多いので気をつけましょう。

スポンサードリンク

チョコが分離、牛乳でも戻すことはできるの?

生クリームがない場合、牛乳で代用しても構いません。
他に洋酒などでも可能です。

混ぜて乳化することができたら、40℃弱に温度を下げ、バターを少々入れると油脂分を補い、ツヤが出て滑らかな仕上がりになります。

ただし、いずれにしても「確実に戻せる」わけではないので、少量入れてみてダメなら諦めて他の利用方法を考えた方が良いでしょう。

でも成功すれば、もう分離することはないので、是非試してみましょう。

チョコレートが分離、再利用の方法は?

b8a927063d3978e8ae17b62547b087be_s

簡単なのは、温かい牛乳に入れてホットチョコレートなどですが、

他にチョコレートを溶かして入れるレシピのお菓子づくりに使ったり、一度固めて刻んだものをクッキーに入れても良いですね。

やはり少々味は落ちますが、もったいないのでしっかり再利用しましょう。

まとめ

トリュフの場合、少々見た目が悪くなってしまっても、仕上げにココアパウダーをまぶすことで、びっくりするほど本格的に見えます。

なんとか分離したチョコレート、再生できるといいですね!

ちなみに、分離したチョコとは関係ありませんが、普通のココアを作って、仕上げにバターを少々入れると、コクのあるココアになりますよ^^

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑