お中元のお返し時期、のしは?金額はどれくらい?

公開日: 

まもなくお中元の時期ですが、皆さんはお中元にもマナーがあるってご存知でしょうか?

特に初めてお中元を贈られた場合などはまず何をどうすればいいのか?なんて戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんなあなたのお悩みについて、百貨店で仕事をしていた筆者がお中元の基本マナーについてご紹介したいと思います。

お中元のお返しの時期は?

お中元のお返しをする場合、相手からお中元が届いてから1~2週間程度でお贈りするのが一般的です。

ですが、その前にまずはお中元を頂いたら必ず届いた旨、お礼をすぐに先方へお伝えするのが礼儀ですね。お相手の方はきっと「無事に届いたか、気に入ってもらえただろうか?」などと心配しているはずです。

このお相手への連絡は電話やメールよりもお礼状の方がいいとされています。
ごく親しい方は電話でもかまいませんが、より丁寧なお礼の気持ちを表すのであれば、手書きのお礼状にしましょう。

スポンサーリンク

実はこのお中元の時期ってなかなか難しいんです。なぜなら住んでいる土地によって時期が異なるんです。例えば私が勤めていた西日本の百貨店では8月初めから中旬の頃が正式なお中元の時期でした。これ、意外と知らない方も多いのですが、東日本では7月の初めから中頃が多いようです。

例えば西日本にお住まいの方が東日本の方へお歳暮を贈るケース、こんなときは基本的に、お相手の住んでいる東日本で一般的とされる時期をお選びになると良いでしょう。ただし、転勤などで、西日本の方が東日本へ行っている場合などは、西日本で一般的とされる時期でも良いでしょう。

西日本では8月初め~8月中旬頃が一般的、
東日本では7月初め~7月中旬頃となっています。

地域によってこうした違いがあることも覚えておきたいですね。
これは、お返しする際の「のし」にも関わってくることなんです。

お中元のお返し、のしはどうする?

お中元やお歳暮ののし紙には、

・水引きが紅白の蝶結び
・表書きは「お中元」
・お名前は送り主の名前

これが一般的です。

ただし、贈る時期がお中元から外れてしまった場合はお中元と賭け紙(贈る品物に掛けられる紙のこと)には書かず、暑中見舞いや残暑見舞いとなります。
この時期については、さきほどの地域ごとのお中元の時期を考慮しましょう。
これは百貨店など店のプロに任せるのと安心ですね。難しい場合は相談すればきっと適切な対応をしてくれるでしょう。

また、目下の方にお返しをする場合は、表書きを「お中元」ではなく、「お礼」とすることもあります。
最近ではエコ包装の一環として、短冊のしというのも使われます。これはお品物の右上に貼るのが一般的です。

お名前についてですが、ご結婚して間もないご夫婦であれば、夫婦連名で記すことが多いです。
ですが、1年も経過すれば、ご夫婦でも苗字だけ記載という方が多いです。

内のしと外のしというのがありますが、最近では配送する方がほとんどなので、内のしが基本ですね。
また、これも地域性があり、西日本では基本どれも内のし、直接お相手の方を訪問してお渡しするときは外のしの場合もあります。
東日本では直接お相手の方を訪問してお渡しする際は外のしにする方が多いそうです。
こうしたことも土地柄が関係してくるんですね。

スポンサーリンク

お中元のお返し、金額の相場は?

お中元というのは、お世話になった目上の方へのお礼の気持ちを込めてする贈り物です。
ですから、お返しは基本的に不要とされています。お礼にお礼をするのは相手を恐縮させてしまうかもしれません。

ただし今はそういった考えが少しずつ変わって年上の方が年下の方にお中元を贈る場合もありますので、そんなときはお返えしをした方が印象が良いように思いますよね。実際私が百貨店でお中元コーナーを担当していた頃はお返しをされている方が多かったです。ただ、お返ししないのが必ずしもマナー違反ではないということだけ覚えていてください。

では実際にお返しする際にどのくらいの金額のものを渡せばいいのでしょうか。
その金額の目安は贈っていただいたものの同額から半額程度とされています。同年代の方(友達など)には同額程度、それ以外の方であれば半額程度が相場と言われています。

良いものをあげようと考えて、もらったものよりも高価なものを選ぶのは相手に対して失礼です。お中元を拒否しているとか、嫌味と取られてしまう場合もありますので、通常のお返しの気持ちで贈るのならやめておきましょう。

具体的にどんなものを贈るかは相手の家族構成や好きなものをリサーチしておくと良いですね。一般的にはそうめん、ハム、地元の名産などが人気が高いです。

まとめ

お中元を頂いたら、すぐに届いた旨とお礼の連絡をしましょう。
基本的にお中元はお礼の気持ちで届くものですからお礼は不要とされていますが、最近ではお礼をする方も増えています。
お返しをする場合は1~2週間を目途に届くようにしましょう。
贈るものとしては、相手の家族構成や、嗜好品などを考えて選ぶと喜ばれます。

いかがでしたでしょうか?もしかしたらお中元って難しいと思われたかもしれません。でもそもそもお中元やお歳暮はお世話になった方へのお礼の気持ち。こうしたマナーはお相手への感謝の気持ちを大切に伝えるためにも欠かせないものです。少なくともお相手に不快感を与えないためにも、知っておいて損はないですよね。

スポンサーリンク

お中元のお返し選びの参考になれば幸いです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑