海苔のレシピ,大量消費も!栄養はどうなの?

公開日: 

海苔って、子どもたちにおにぎりを作るとか、そういった環境であれば、すぐに無くなってしまうんだけど、一人暮らしとか、大人ばかりの世帯になると、なかなか消費しきれずに湿気てしまうなんてことも多いのではないでしょうか。

我が家も、今は子どもたちが一人暮らしなので、普段は夫婦二人。
そうすると、海苔はほとんど使いません。
でも、何かちょっとしたお返しなんかで海苔を頂くことも多いもの。

スポンサーリンク

使いみちとしたら、刻み海苔やもみ海苔にしておそばやそうめん、サラダとかおひたしなんかにふりかけたり、お餅に巻いたりとか、そんな程度。おにぎりを作ると言っても、1袋10枚の海苔を使い切るのはなかなか大変です。

海苔の大量消費と言っても、出てくるのは海苔の佃煮とかそんなのばっかり。海苔の佃煮だって、そんなに食べ切れるものではありません。

今回は、そんな海苔が大量にある時に思いついた海苔のレシピをご紹介します。

グルテンフリー 海苔のパリパリチップス

天ぷらや唐揚げなど、揚げ物をするときには是非加えて欲しい一品です。少量の油、フライパンでも手軽にできます♪

【材料】

米粉(上新粉)100g
片栗粉  50g
卵 1個
水 200ml弱

海苔

塩やふりかけなど

【作り方】

1.海苔は、大きな1枚の状態を正方形に1/4にします。
それをさらに同じように1/4にカット、一口サイズにします。

2.米粉と片栗粉をボウルに入れて泡立て器で混ぜ合わせ、そこに卵を割り入れ、水は少し残して入れて混ぜます。
ホットケーキほどボッテリとしなくて、クレープほどサラサラ市内程度の硬さになるように水分を調節します。

3.2の衣をカットした海苔の片面(裏側)だけにトロリと付けて、180度の油で揚げます。しばらくしたら、裏返しにして両面をカリっと揚げます。

水分が飛べばOKです。しっかり油をきり、できれば温かいうちに塩などを振って味付けをします。

この塩をわさび塩とか、レモン塩とか、フレーバーのある塩にしたり、だしの素やカレー粉など粉末で味付けできるようなものを使うと、おやつやおつまみ感覚で美味しく頂けます。
もちろん、めんつゆにつけて普通の天ぷら風に食べても美味しいです。
かなりの枚数分作っても、ペロリと食べれます。

小麦粉ではなく、米粉と片栗粉を使うことで、サクサクと仕上がります。米粉や上新粉がなければ、小麦粉を使ってもできます。

グルテンフリーだと、こういったスナック菓子的なものってなかなか食べられるものがないのですが、米粉で手作りすれば安心ですよね^^

スポンサーリンク

海苔って栄養あるの?

海苔って、特に栄養なんてなさそうな気がしますが、実はとっても身体にいいんですよ。

・良質たんぱく質
・アミノ酸
・ミネラル
・ビタミンA
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンC
・鉄分
・食物繊維
・カルシウム
・EPA

ちょっと意外な気がしますが、海苔はこのような栄養素がバランス良く摂れる、万能食なんです。

スポンサーリンク

海苔にビタミンC?って思いますが、海苔のビタミンCは熱に強いのが特長なんです。鉄分補給にも役立つのも女性には嬉しいポイントですね。
こうしたことを知ると、もっといろいろな料理に使って1日1~2枚は食べるように心がけたいものです。
お料理に加えるだけで旨味や香りも加わって、見た目にもグレードアップしてくれるので、上手に活用したい食材のひとつですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑