結婚指輪・婚約指輪の処分、少しでも高く売る方法、後悔しないためにすることは?

婚約指輪や結婚指輪は、とっても高価なものですよね。
また、イニシャルや日付などの刻印があるケースも多く、いざ処分となっても困るもの。

こういった感情が入るようなアクセサリーは、思い出したくもない過去のものとして投げ捨ててしまおう、なんて考える方もいるのではないでしょうか。

 

でも、実際に海に投げてしまって、あとで「やっぱり売れば良かった」なんて思う方も少なくないようです。

いくら嫌な思い出とはいっても婚約指輪や結婚指輪はそもそもとっても高価なもの。これを捨てるというのはあまりにもったいなさすぎると思いませんか。

ちょっと冷静になって、指輪の価値について考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

結婚指輪・婚約指輪を少しでも高く売る方法

お互いに最初は手放すことなんて考えていませんから、実際結婚指輪や婚約指輪ってそれなりの対価を払って手にしてますよね。

中には、迷わず質屋さんなどに持ち込む方もいるでしょう。

ですが、やはり刻印などがあると、その価値もかなり低いものとして評価されてしまいます。

これはオークションなどに出しても同じこと。
誰だって、そんな悲しい指輪はあんまり欲しくないですよね。

 

質屋に持ち込んではみたものの、あまりに安い買取額に愕然として持ち帰ってきた、という方もいます。

でも、そんな嫌な思い出のつまった指輪をいつまでも持っていると、その時の思いを引きずってしまっていいことはありませんよね。いくらかでも高く売れれば、それで自分にご褒美!なんてこともできそうです。

 

ただ、質屋やリサイクル系のショップ等でも、お店によっては買い取り額に大きな差が出てきますので、必ず幾つかは持ち込みをして聞いてみるのが良いでしょう。

 

結婚指輪・婚約指輪専門の買い取りもある

こうした処分が難しい結婚指輪や婚約指輪の買い取りを専門にしたショップもあります。

 

 ↓ ↓ ↓
こちら、「リングオフ」では、無料査定のサービスがあります。

 

・査定料
・送料
・梱包キット
・振込手数料

 

これらが全て無料です。

 

ネットで無料査定のお申込みをすると、宅配キットがお手元に届きます。
査定希望の指輪、査定申込書、身分証のコピー等を入れたら、宅配業者に電話、都合の良いときに集荷に来てくれます。

すると、後日電話やメールで査定額のお知らせがくる、という段取りです。

 

査定は1日から3日以内、査定結果でOKなら当日か翌日にはお振込となります。

もしも買取額に納得がいかずにキャンセルをする場合でも、その返送料もリングオフが負担、即日返送してもらえますし、一切お金はかかりません。

 

高価なものを宅配でやりとりするのはちょっと、という心配もありますが、宅配キットにある宅配伝票を利用していれば、30万円まで保険が適用されますので、こちらも安心です。

面と向かって買い取りをお願いしに行くのではなく、宅配買い取りのため、指輪を売ることを誰かに知られてしまう、なんていう心配もありません。

 

スポンサーリンク

こちらのリングオフの一番の魅力ポイントですが、それは、イニシャルなどの刻印があっても、買い取り価格が下がらない!というところ。
さらに、傷がついていても、箱や鑑定書がなくても、実物をしっかり見て査定してくれるので買い取り金額が下がることはありません。

また、母子家庭のママさんなら、買取額10%UP。

さらに今なら、結婚指輪や婚約指輪以外に、ネックレスやブレスレットなどのアクセサリー類、高級ブランド品、高級腕時計なども査定してもらうと、査定額の10%UPというサービスがあります。

そういえば、もらったブランドバッグももう使わないな、なんていうときは、一緒に査定に出すのもいいですね。

査定してもらいたいものがどれくらいあるか、によって、5つの宅配キットの中から適切なものがお手元に届くシステム。

もちろん集荷日時の指定もできるので、ご都合の良いときに持っていってもらえます。

 

さいごに

手放したくないけど、手放したい、そんな複雑な思いのある結婚指輪や婚約指輪。

 

ただ捨ててしまったり、ただ引き出しにしまってあるだけ、となると、なんだかもったいないし、なんだか見るたびに思い出されてしまってちょっと、なんてこともありますよね。

でもやっぱり実際手放すならば、少しでも高価に買い取りしてもらえるのが一番です。

 

後悔しないためにも、まずはいくつか店頭で聞いてみて、納得がいかないようなら、今回ご紹介した「リングオフ」のような結婚指輪・婚約指輪の買い取り専門店に査定してもらうのもひとつの方法ではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

カテゴリ:冠婚葬祭 




よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ