カーテンにレースカーテンって必要?なんで?その理由は?

引越しをして、カーテンを買う時に、カーテンは必要だけど、レースのカーテンって付ける意味ある?

このように考える方もいますよね。

レースのカーテンは割りとどこの家庭でも使用していると思いますが、このレースのカーテン、どういった目的で利用しているのでしょう。

 

今回はレースのカーテンが必要か?という疑問について、必要とされる方々の理由についてご紹介したいと思います。

あなたのカーテン選びの参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

 

カーテンにレースカーテンって必要?

カーテンって、なんで普通のカーテンと一緒にレースのカーテンが必要なんだろう?

素朴な疑問を抱きつつ、なんだかレースのカーテンも買うとなったら費用も嵩むし、必要ないなら買わなくてもいいんじゃないかな?なんて考えてしまいますよね。

 

レースのカーテンなんて薄っぺらくて透けてるし、大した意味もないでしょう?なんて考えるのも仕方がないような存在ですが。

ですが、実はあの薄っぺらなレースには意外な役割があるんです。

 

レースカーテンが必要なのはこんな理由

実は薄っぺらなレースのカーテンにも、いろいろな機能があるんです。

その役割について見ていきましょう。

 

◆目隠し

これが一番大きな役割ではないでしょうか。
日中、自宅にいる場合、普通のカーテンは開けますよね。
すると、部屋の中は外から丸見えになります。

 

レースのカーテンをすれば、適度に日光を取り入れつつ、外からの視線をシャットアウトしてプライバシーを守れます。

薄っぺらいレースのカーテンでは部屋の中が見えてしまいそうですが、外から見えにくいミラーレースなどもあるんです。

夜は部屋の電気をつければ、レースのカーテンでは中が見えやすくなります。ですが、最近ではこうした夜にも透けにくいレースのカーテンもあります。

 

◆紫外線対策

自宅にいても、知らないうちに浴びている紫外線。
UVカット加工のレースカーテンもあります。

スポンサーリンク

◆日焼け防止

住む人だけでなく、部屋の床やカーペット、壁紙などの日焼け対策にもなります。

 

◆温度上昇抑制効果

まぶしいからといって、普通の遮光カーテンを日中から閉めたら部屋が真っ暗になってしまいます。

 

レースのカーテンなら日光を程よく取り入れつつ、強すぎる日差しを調節してくれるという役割もあります。
日差しを抑えて、冷房効率がUPすれば節電にもなります。

 

◆デザイン性

美しいレースのカーテンは、部屋全体の雰囲気づくりにも。

 

◆景色をカバー

窓の外はいい景色なら良いですが、すぐ隣のビルの壁などあまり景観がいいとは言えない環境でも、レースのカーテンがあれば部屋の雰囲気も悪くなりません。

 

また、シャッターを閉めるからいらないという場合でも、室内にいる間、シャッターで覆われた窓が見えるのと、レースの綺麗なカーテンで窓が見えないのとでは部屋の雰囲気もかなり変わります。

 

◆意外なところで

レースのカーテンは意外とホコリやチリをキャッチしてくれています。
洗濯してみると、その働き具合もよくわかります。

レースのカーテンなら、天気の良い日に洗濯して脱水後、またカーテンレールに吊るせばすぐ乾きます。

 

最後に

たかがレースのカーテン、とも言えますが、意外といろいろな役割を果たしているんですね。

ホコリをキャッチ、なんていうのは、なかなか思いつかない部分ですが、確かにレースのカーテンって、段々に黒ずんできます。たまにはお洗濯してキレイな元のカラーに戻してあげないとね。

 

キレイで心地よいレースのカーテン、いかにも爽やかな風が吹き抜けそうです。

 

わざわざレースのカーテンも買うのがもったいないという場合は、普通のカーテンとレースのカーテンのお得なセット売りなんかもありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

 

 

スポンサーリンク

カテゴリ:日常生活 




よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ