すみだ北斎美術館のアクセス、開館日、入館料、割引は?駐車場はあるの?

33

オープンから注目度の高い「すみだ北斎美術館」

 

中身ももちろん気になりますが、行く前に知っておきたい「駅からのアクセス」、「入場料」、「割引」、「駐車場はあるのか」など気になることもいっぱい。

今回は、こうしたすみだ北斎美術館について今すぐ知りたい情報をわかりやすくまとめてご紹介します。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

蔵王の御釜へのアクセス、どこまで車で行けるの?駐車場は?

前々から行きたかった蔵王にやっと行ってきました。

 

車で行ったのですが、どこまで車で行けるのか?駐車場はあるの?有料?などいろいろわからないことだらけ。

今回は、蔵王のお釜に実際に行ってきたので、お釜の観光についてのあれこれをご紹介します。

 

蔵王のお釜、米沢・赤湯温泉方面からのルートは?

前々から蔵王に行きたかったのですが、この日の前日は東北に大型の台風がやってきて、全面的に大雨。

そんな大雨の中、山形の赤湯温泉に宿泊していました。

台風の去ったあと、翌日は幸いなことに晴れの予報。

 

蔵王は天気が悪ければせっかく行っても何も見えないってことになります。

でも、台風のあとの晴天ということもあり、いつもより良い景色を見れる確率も高そう!ってことで、赤湯温泉から蔵王に向かうことにしました。

足元が悪いかな?とか心配だったんだけど。

 

さて、車で向かうため、赤湯温泉から車のナビをセットしたのですが、どうも遠回りのルートしか表示されず、何度もセットしなおしてみたり、他のルートを検索させてみたりしたのですが、何故か遠回りと思われるルートしか出てきません。

 

ひとまず、赤湯温泉から国道13号を進んで行ってみると、途中で「でん六」の工場が目に入りました。

ナビでは、ここでもまっすぐ進むルートを示していたんだけど、お釜に行くのはには、この「でん六の工場から曲がるとわかりやすい」という情報を何かで見ていたので、それを参考に、ナビは無視してそのルートを進むことにしました

赤湯温泉から国道13号を山形市方面に走って約30分ほどのところ、大きな交差点の手前、右手にでん六の工場があります。

オレンジ色に白文字で「でん六」と書いた看板が目に入ります。

ここで、右折が「蔵王エコーライン」という道路標識がありますので、わかりやすいです。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ