siroca 電気圧力鍋の修理完了!内蓋忘れの修理費、日数は?サポートはどうなの?

 

sirocaを毎日使っていた私。
なんと1ヶ月もしないうちにうっかり内蓋をし忘れてぶっ壊してしまいました。

そして、サポートに連絡、有料修理を依頼することになりました。

今回は、実際にsirocaの電気圧力鍋を壊してしまって修理を依頼した、その内容、sirocaのサポート対応はどうだったのか、などについてご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

sirocaの内蓋忘れ、修理を依頼

sirocaの電気圧力鍋の蓋です。本来こうして使います。

それを、内蓋を付け忘れて、

こんな状態で調理してしまい、壊れちゃいました。
いや、内フタをしてなくても、違和感なく、エラーにもならず、スイッチも入ってしまいます。
気をつけてはいたんですけどね、うっかりやっちまいました。

これをすると、ほんとに一発でアウト、電源がうんともすんとも入らなくなります。

サポートに連絡したら、内蓋忘れの修理はだいたい6,000円くらいかかりますとのこと。

 

自業自得ですから仕方がないけど、これは痛い出費だわ~と思いながら発送しました。

発送は、まだ梱包していた箱が手元にあったので、その箱に包み直して送りました。
送料はもちろん自己負担、送り先は鳥取県です。

 

sirocaの箱を使うとギリギリ80cmサイズで送ることができました。

80cmの荷物の送料は、例えば東京からだと

ゆうパックだと1,270円
ヤマト運輸だと1,123円です。

ちなみに、どちらも持ち込みすれば100円引きになります。

 

発送後、見積もりのご連絡

発送後約1週間で見積もりの連絡がくるとのこと。

私が本体を送ったのが5/14、見積もりの連絡は5/23にメールできました。

 

内容としては、

「修理内容:温度ヒューズ断線のたま、温度ヒューズ交換」とあり、修理代金は4,246円とありました。

これは、返送時の送料も含んでの値段です。
6,000円くらいと聞いていたので、ホッとしました。

 

そのメールに三井住友銀行の振込先も書いてあったので、手数料の安い楽天銀行からお振込みしました。

 

地方住まいなもので、三井住友とか、都市銀行の口座は持っておりませんので^^;

ちなみに楽天銀行からだと、3万円未満の他銀行への振込手数料は165円です。手数料を楽天ポイントで支払うこともできます。

 

話が脱線しましたが、振込をしたらその旨届いたメールに返信、振込名義を連絡します。

先方で入金確認ができると、「3営業日以内(土日祝日除く)に修理品を弊社からご返送させて頂きます。」と連絡があります。

 

あとは、発送の連絡など一切ないので、ひたすら届くのを待つのみです。

今回の場合は、5/24、木曜日に振込をして、5/31木曜日に届きました。あ、我が家は東北なので、ちょっと時間がかかりましたね。

ほんと心待ちにしてました。

 

やっと手元に

sirocaの入院は私にとってはすんごく長かった。。。

 

我が家には炊飯器がなくて、土鍋でご飯を炊いていたんだけど、sirocaが家に来てからあと20分寝ていられたのに、再び土鍋生活に戻り、「早く帰ってこないかなぁ~、まだかなぁ~」ってほんっとに待ってたんですよ。

いや、一旦失うことで、sirocaの電気圧力鍋様には、ほんと、楽させてもらってるんだと痛感しましたよ。

我が家の旦那様も一旦私を失えば、ありがたみをわかってくれれるだろうかw

 

私がsirocaの電気圧力鍋をぶっ壊したのが5/11。
これが不運にも金曜の夕方で、もうサポートも終了。
土日はサポートが休み。

そして、月曜日にやっと連絡、それから送ったので、かなりロスもありました。

 

5/14発送 ⇒ 5/31帰還

土日を除き、約2週間はかかりますね。

私の場合はロスもあったので約3週間も使えなかったことになります。

万が一故障したら、いち早くサポートに連絡して発送、そして見積もりがきたら即振込して連絡、というのが早く帰ってきてもらうために必要なことだとわかりました。

いや、今後同じ失敗をしないように、貼り紙でもして気をつけたいと思います。

 

sirocaのサポートってどうなの?

今回自分に非があっての修理でしたが、対応はちゃんとしていました。

 

最初に電話して内容が「内蓋をせずに調理して壊してしまった」と連絡したら、担当から2時間以内に折り返すと言われました。

私はその時時間があったので大丈夫だったけど、忙しい人はイラっとするかもしれませんね。

で、ほんとに2時間くらいしてから折返しの電話がきて、そこで症状をお話して、発送先など教えてもらいました。

本体を送るときに、どういった症状なのか記入したメモと、購入したときの領収書とか証明になるようなものがあれば同封してくださいと言われていました。

でも、私ったら、あわてんぼうで、これを入れ忘れてしまったんですよね。
要は、荷物の送り状でしか私の情報がわからない状態です。

 

発送してから気づいたので、改めてサポートに連絡したら、大丈夫です、内容確認しましたので、ご安心を、という返答を頂き、助かりました。

こうしたことを踏まえて、sirocaのサポートは、ちゃんと対応してくれるサポートだということもわかりました。

 

さいごに

sirocaの電気圧力鍋、内蓋を忘れて圧力調理をしてしまい、うっかり故障させてしまった代償は4,246円でした。

修理工場に送る送料は自己負担、返送は修理代金内に含まれていますので、実質負担は修理代と送る際の送料と振込手数料です。

 

修理期間は営業日のみで約2週間。

だいたい3週間程度かかると思っていればそのうち帰ってきます。

サポートもちゃんとしていますが、お世話にならないよう、くれぐれも故障のないように使いたいですね^^;

 

私の失敗があなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

【関連記事】

 

 

カテゴリ:家電 




よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ