長野 竜王の雲海、ソラテラス、見られる条件と実際の状況


長野、竜王の雲海を見たくて、夏の朝、北志賀高原でロープウェイに乗り、ソラテラスに行ってきました。

ガイドブックなんかで見る景色を見られればなぁ、ってことで、朝早めに向かいました。

 

でも、相手は自然現象だから、ばっちり見られるかどうかは運次第。

時期的にも夏は雲海に出会える確率は高いんです。期待大で向かった先はどうだったのか。

今回は、実際に夏のある朝に竜王の雲海を見に行ったときの様子、チケット料金や駐車場情報などなど、ご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

長野、北志賀高原の竜王ロープウェイで、いざ雲海へ

雲海は早朝が見やすいということで、前日に宿泊した宿から直接、北志賀高原の竜王ロープウェイを目指しました。

 

かなりゆったりしたロープウェイ。

現地に到着したのは9時位。ちょうど、ロープウェイの運行も9時からでした。

このときの気候としては、連日晴天、猛暑続きで、私たちが駐車場に到着した頃はここのところの猛暑から考えると、かなり涼しい。そして山頂には曇がかかっていました。

 

雲海が見える条件としては、

 

・気温が下がる朝や夕方
・ふもとから見て雲がかかっている
・日中との気温差が高い
・夕立など急な雨のあと

 

といったような条件があります。

 

今回、気温差のある朝、そして山頂に雲がかかっている、ということで、これはばっちり見られるんじゃないかと期待が広がります。
私達は、9時20分のロープウェイに乗りました。

さて、スタッフの背中にも書かれている1,770mという標高の竜王山を
8分ほどで登ります。ロープウェイから上を見上げても、雲がかかっています。これなら雲海見られるかな~!

 

チケットを見て期待も高まります。ま、これは夕方の写真だけども。

ロープウェイで8分間の空中散歩も、朝の清々しい景色で爽快な眺めです。

山頂に近づくにつれ、雲が増えてほんの少し雨がパラパラと降ってきました。

ありゃりゃ、大丈夫かな?

すっかり靄に包まれた感じ

でも、いよいよ山頂につくと、さっきの雲の中とは打って変わってこの青空。でも、ちょっと雲が多いかな。

外へ出てみると、あら、涼しくて気持ちいい!やっぱり雲多し。どうかな、見られるかな、、雲海!

なんとかギリギリ、少し雲海らしい景色を見ることができました。

飛行機からの眺めみたい

 


写真の右奥の方がちょうどいい感じ。この景色が広がれば、理想的なんだけど、仕方がない。左手前はちょっと雲海とは違う感じで、視界が悪いです。

 

私達が山頂にいたのは1時間、そのうち雲海が見られたのは最初のほんの10分ほどでした。あとはこんな感じで靄がかかってしまい、雲海も景色も、なんにも見えない状態になってしまいました。
う~、テラスから数メートル先が全く見えないよ~。

う~ん、残念。

この通り、テラスからの眺めは靄がかかってるけど、くるりと向きを変えれば山頂は晴れていて、時間が経過するとともに、日差しも強くなり、気温も上昇してきました。日陰は涼しいんだけど、山頂だけにあんまり日陰がありません。

テラスの椅子、布張りのソファーになっていて、しかも白。

あちこちよく手入れされているなぁ、という感じ。

スタッフの方に雲海について聞いてみたら、「今朝9時頃には見えてたけど、雲の状況は刻々と変わるからね~」とのことでした。
やっぱり早朝が見やすのだそうで、どうせ行くなら朝一番のりくらいの気持ちでいくのがいいようです。

 

ちなみに今回行ったときの運行状況は、朝の9時から夜7時まで、20分間隔で運行していました。夜の上り最終は18:40、下り最終が19:00です。

遅い時間に行くなら、雲海に沈む夕日を眺められたら、それはそれは素敵な光景でしょう。

サンセットの情景を楽しむためのナイトクルーズもありました。次回行く機会があったら、絶対サンセットを見たい!

もう一回出しちゃうけど、キレイに見れたらこうなるわけですよ。こりゃもう美しいなんてもんじゃ。うらやまし~。

 

スポンサーリンク

ソラテラスのカフェ

ソラテラス、なかなかにおしゃれなカフェ。
暑さのなか、カフェの冷たいお飲み物に列もできてました。

メニュー

カフェ店内の様子、こちらも素敵、そしてキレイ。

この大きな窓からは雲海が眺められます。

こちらのカフェの階下にはちょっとしたお土産物屋さんやトイレもあり、設備が整ってます。

 

ソラテラスの山野草ガーデン

ソラテラスでは、山野草ガーデンも楽しめます。
珍しい高山植物もあり、このときちょうど幻の花と言われる「ブルーポピー(ヒマラヤの青いケシ)」がきれいに咲いていました。

他にもたくさんの可愛らしいお花があちこちに咲いてます。


ちゃんとスタッフの方が水をあげたりして、丁寧にお手入れされたお庭で、こちらの眺めも素敵でした。

ハンモックも設置されてます。誰でも自由に使えます。

山頂の風を感じながらここでゆったりしてたら、寝てしまいそう。

この日は暑かったけど、心地よい日ならここで本でも読んでゆったりしたいところ。

 

竜王の雲海散歩、所要時間は?

今回は雲海が10分ほどしか観られなかったけど、山頂散策などゆっくりして、ちょうど1時間後のロープウェイで降りてきました。

帰る頃には、さらに霧がすごくて、もうちょっと先が見えない。

今回、山頂もそれほど遠くまでは行かずに、テラスの周辺を散策しました。

テラスも良いけれど、建物内のカフェからはさらに高い位置から雲海を眺められる席があるので、ちょうどよく雲海に出会えたら、そちらでゆっくりするのもおすすめです。

 

ロープウェイの山頂駅から小丸山を経由して下山口まで、約2時間のトレッキングコースもあります。

 

竜王ロープウェイの料金は?割引はある?

竜王ロープウェイ、往復の料金は

・大人 2,300円
・こども 1,200円
・シニア 2,200円

となっています。

 

割引としては、障害者割引料金があり半額料金で購入できます。こちらは手帳の提示で同伴者1名も半額になります。

私達は、宿泊した宿にあった割引券を利用して、100円引きで購入しました。

きっぷも何種類かあるようで、今回行った3人、全て違う画像になってました。

竜王ロープウェイ、駐車場は?

駐車場は無料、乗り場の目の前にあります。
砂利の駐車場で、係の方がいました。

周辺にまとまって数カ所あるので、混雑していてもなんとか置けそうです。

駐車場を降りると、野生の?あじさいがたくさん咲いてました^^

 

竜王ロープウェイへのアクセス

今回、湯田中温泉から国道403号を経て北志賀高原へ向かったのですが、途中、こんな看板があります。左側が国道です。

看板につられてこっちへ進んだけどね、こちらの道は狭いし、距離的にも遠いです。

だけど、ここは曲がらずにまっすぐ行ったほうがいいです。
観光バスもそっちを通ってました。しかも、そっちのほうが道も良くて近い。

ここにも書いてある通り、ここで右へ行ってしまうと、大型の車は道が狭くて通れません。

 

途中にあるトンネルがちょっと古くて風情があるけど、若干怖かった。

ジブリの世界に通じてそうなトンネル、こちら車がすれ違えないほど狭い。

さいごに

長野、竜王の雲海、今回はそれほどの景色は拝めなかったけど、それでも高原の涼しい風と景色を堪能することができました。

暑い中、細やかなお手入れで美しく咲く山野草もキレイだったし。

 

全体的に設備が整っていて、ロープウェイは入り口からスロープがあります。足元が気になる方でも安心して観光できるスポットといった印象です。

 

山頂でも散策路などあるので、少し時間をとってゆっくり歩いても楽しいですよ。
雲海に出会える条件が揃うようなら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 
【関連記事】

>>>長野の観光、一泊旅行、こんなドライブプランを堪能してきました

スポンサーリンク

 




よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ