玉ねぎの辛みの抜き方、切り方は?辛みにも効能あり?

公開日: 

新玉ねぎの出回るこの時期、オニオンスライスが美味しい季節ですよね♪

お店で食べると美味しいのに、自分で作ると辛くて食べられない!なんてことはありませんか?

あんまり辛いのをそのままバリバリ食べると胃が痛くなったりしますよね。
特に空腹時は辛いです^^;

今回は玉ねぎの辛味の正体、玉ねぎの切り方、そして、辛みを抜く方法や栄養効果についてご紹介します。

生の玉ねぎってなんで辛いの?

玉ねぎに含まれる、硫化アリルという成分が辛みのもと。

この硫化アリルは、水に溶けやすく、揮発しやすいという特徴があります。

ですから、水にさらすことで辛みを抜くことができるんですね。

また、揮発しやすいので、空気に触れさせて揮発させると辛み抜きになります。

台所で玉ねぎを切っていると、部屋中玉ねぎの辛みの匂いがしますが、あれは、硫化アリルが揮発しているからなんですね~。

玉ねぎの辛み、切り方は関係ある?

辛み成分である硫化アリルを効率よく出すためには、玉ねぎの切り方も大事です。

玉ねぎを繊維に沿って切ってしまうと、辛味も抜けにくくなります。

玉ねぎは繊維に直角にスライスしましょう。

縦半分にカットして、スライサーなどで繊維を断ち切るようにスライスします。

こうすることで、辛味成分が外に出やすくなります。

玉ねぎの辛味を抜く方法

まず、玉ねぎをスライスしたら、手で揉みます。
ちょっとヌルっとしたのが出てきますので、これを水にさらしながら流します。

(こうして出た玉ねぎの汁はスープなどに使うといいです)

これだけで、かなり辛みが抜けます。

他にもいろいろと方法があります。

・熱湯をサッと回しかけ、冷水にとる
・塩で揉む
・砂糖で揉む
・酢水に晒す
・切って20~30分ほど空気に晒す

スポンサードリンク

玉ねぎを水に晒すと栄養も流れちゃう!

水にさらしたら、せっかく生で食べるのに栄養が全部流れてしまいますよね、

水にさらす時間はなるべく短くしたいところ。

できるだけ水に晒したくない、ということであれば、お酢を使ってみましょう。

先にお酢の入ったドレッシングと和えておくだけでも食べやすくなります。
さらに鰹節をかけて食べれば栄養分はそのまま、栄養まるごと、まろやかに美味しく召し上がれます。

硫化アリルは辛いのですが、疲労回復、血液サラサラ効果もあるので、適度に辛みを残してなるべく上手に取り入れたいですね。

どうしても生の玉ねぎは苦手?

辛み抜きをいくらしてもやっぱり辛みがダメ!という方は、やはり加熱してしまいましょう。

玉ねぎの辛みは加熱しても身体に良いことに変わりはありません。血液サラサラ効果もあります。

熱を加えると、玉ねぎは甘くなり、とても食べやすくなります。

じっくりとフライパンで弱火からしんなりと色づくまで炒めた玉ねぎソテーなんかも美味しいですよ。

味付けは玉ねぎの旨味が出ているので、薄めの塩コショウや麺つゆなどでも十分です。

生のシャキシャキとは違った、しんなり、トロリとした風味を楽しめますね。

最後に

血液サラサラ効果で高血圧や動脈硬化、糖尿病などの予防も期待でき、デトックス効果もあるので、日々の食生活に積極的に取り入れたい玉ねぎ。

疲労回復や不眠、精神不安定などに効果が期待できるあなたの強い味方です。

生も良いですし、加熱してもそれぞれに健康効果を期待できるので、どちらもバランス良く食べたいですね。

新玉ねぎは特に辛みも少なく食べやすいので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑