足の親指の付け根が痛い!対策用サポーターは?やっとみつけたこの方法

ある時、何時間も歩きすぎて、足の親指の付け根が痛くて腫れて、普通に歩くのも辛くなってしまいました。母子球っていうんでしょうか。
まぁ、歩きすぎたからね、すぐ治るでしょうなんて思っていたのですが、それからというもの、ちょっと歩きすぎたり、自転車で長時間走ったりすると、その足の親指の付け根の部分が痛くなったり、しびれたり。

 

ある日よくよく見てみたら、その右の親指の付け根がパンと腫れて、赤くなっていました。ちょっと熱を持ってるし。

あまりに痛いので整形外科に行ってみたら、「種子骨炎」と診断されました。

 

スポンサーリンク

 

足の親指の付け根が痛い!

先生が言うには、種子骨はもともと痛みを発症しやすい部分なのだそうです。
種子骨ってのは、親指の付け根のとこにあって、歩くときにどうしても当たりやすい骨なんだとか。
クッション性のある靴ならいいんだけど、硬い靴底なんかには要注意です。女性のヒールなんかも種子骨炎を引き起こしやすいですって。

 

私の場合は、ヒールなんて最近履いたことないから、まぁ、ソールの悪い靴で長時間歩いたのが悪化の原因だと思います。

 

再び美しくない足を見せてすみませんが、
私の場合は右足の親指の付け根の厚みが増しているのがわかるでしょうか。

私の場合は、右足の親指の付け根、母子球のあたりに

・痛み

・腫れ

・チクチクする

・しびれ

などの症状がありました。

歩くと痛いけど、ひどいときはじっとしていてもチクチクしたり、ズキンと痛んだりしました。

長時間のサイクリングなどすると、ペダルを漕ぐ足の親指周辺がしびれて感覚がなくなります。

 

私は普段ほとんど運動をしない人なので、運動不足が原因かと先生に聞いたら、そんなことはないと言われました。やっぱり、あの時の歩きすぎがきっかけになったとしか思えません。

 

もう何ヶ月も経っているのに、痛みは全然良くならない。

先生曰く、ひとまずこの痛みを和らげるために、種子骨が衝撃を直に受けないようにガードしてあげるしかないのだそうです。

ひどくなれば、手術して種子骨を取るという方法もあるそうですが、いやいや、手術なんて嫌だし。

 

結局長い時間待って、パッと見て種子骨炎と言われ、湿布も断ったので、診察にお金がかかっただけ、結果的にはなにも解決しませんでした。

まぁ、「痛みの対処方法は守ることだけ」ってのがわかったけど。

 

自作サポーターは先生のお墨付き、だけど、、、

病院へ行く前には、自分でもたぶん種子骨炎なんだろうと思って、独自のサポーター(?)を作ってつけていました。痛いのでそのまま病院行ったんだけど、先生には「この対策は正解」と言われました。

その独自のサポーターというのはこれ↓ あはは、自分で見ても、見た目ひどいですけど、テーピングと靴の中敷きを使いました^^:

いや、ほんっと、こうでもしないと歩けないくらい痛かったんですよ。

 


市販の厚みのある靴の中敷きを自分でカットして、種子骨が極力ダイレクトに地面に当たらないように、周りに高さを付けて、親指の付け根部分を守ってます。この中敷きの厚みは5㎜。

靴を履いてみて、邪魔になりそうなところはカットして調節しました。

これを貼ると、普通に歩く時もかな~り足が楽になるんです。

 

だけど、これ、毎回貼り直ししなきゃいけないし、しっかり貼ってないとすぐズレちゃうし、強いテーピングで固定すると今度は皮膚が負けちゃったり、あれこれ難点も多すぎるんです。

 

病院の先生のおすすめは

病院で先生に勧められたのは低反発のクッション状になったふわふわふかふかの靴の中敷きでした。低反発素材のインソールですね。1,000円ちょっとで購入できます。

でもその病院には女性用の小さいサイズしか置いてなくて、足のサイズの大きな私に合わず、他で探すことに。

 

通販で探せば簡単に見つかるだろうと思ったけど、それがなかなか見つけられず。
スポーツリハビリなんかをしている病院でオーダーで作ってくれるというのは、10,000円くらいすると言われました。いやいや、中敷きに1万円って、スポーツ選手でもあるまいし。

 

100均からスポーツ店まで探してみた

低反発といっても、厚みがないとしっかりとサポートしてくれないから、100均だと種類は豊富なんだけど、厚みがたっぷりしたようなのはほぼありません。私の自作のサポーターのほうがまし。

 

スポーツ店やら靴ややら、もちろん通販でもいろんな中敷きを探しまくって、あれこれ買ってみたけど、やっぱり自作サポーターが一番効果的だったんですよね。

でもですよ、毎日貼るものだけに衛生的にも耐久性もあれこれちょっと不便なので、ちょうどいいサポーターがないかめちゃくちゃ探しました。

探しまくった結果、世の中に「種子骨炎のサポーター」っていうものが、ほとんど販売されていないことがわかりました。

 

足の親指の付け根の痛みには、これが最強

そこで、「もう種子骨炎用にこだわらず、使えそうなものを探そう!」ってことで検索幅を広げてみたんです。とにかく親指の付け根部分をカバーしてくれるものはないのか?と。

もう、近隣の店は足が再び痛くなるほどに行き尽くしたので、通販で探すしかありません。
いや、これまでだって通販で探してなかったわけじゃないんですけどね、種子骨炎、っていうワードにこだわりすぎてました。

 

で、ちょっと視点を変えて探してみたら、あったんですよ~。

リーズナブル & 装着簡単 & お手入れも簡単

それがこのサポーター↓

 

うわ!地味。。。

だけどね、これが思っている以上にパワフルに親指の付け根を守ってくれます。

やっとこれで、あの自作サポーターとさよならできる♪

 

この地味な見た目の裏には、かなり厚めのブニョブニョしたようなジェルっていうか、シリコンっていうか、ちょっと弾力のあるクッションがついていて、ちょうど足裏の凹みを埋めて、親指の付け根をサポートしてくれます。

 

クッション部分の厚みがたっぷりなので、結構たくましく守ってくれます。
ジェルみたいだけど、柔らかすぎず、適度にしっかりした弾力もあります。

 

これこれ、このパッドがサポートしてくれます。


布部分はというと、タイツのような素材、伸縮性があって、スポッとはめるだけ。
洗ってもすぐ乾くので衛生面でも安心。
右用と左用があって、RとLと書かれているけど、向きを変えれば、なんとかどちらでも使えます。

だけど、ちょっと高さが変わるから、両方付けた方が、身体のバランスも良いだろうと、装着時は両足付けるようにしてます。

 

この上から靴下を履けば、さらに安定します。

ただ、難点があって、クッション部分がこの素材なので、吸湿性が全くなくて、夏は汗で蒸れること。クッション部分以外はまだいいんですけどね。

 

でも、なんといってもこのサポーターの良い点はお値段が安いこと!
中敷きだって最低でも1,000円はするのに、これはメール便で届けてくれて700円でおつりがきます。うれしい、そしてありがたい( ;∀;)

 

ちなみに、ここ2か月ほど、スポーツジムでウォーキングするときやステッパーなどをするときに装着していますが、しっかりサポートしてくれるので、痛みも出ません。

これ無しでやると、やっぱり悪化します。

かなり汗だくになっても、それほどの不快感も感じません。

 

でも、使用が長くなると、足の土踏まずのあたりが疲れてくるので、あまり長時間つけっぱなしにならないように、例えばジムに行くときはその時間だけ、とか工夫してます。

 

使ったらネットに入れてお洗濯していますが、耐久性もなかなかのものです。

ただ、一回間違って、コインランドリーの乾燥機に入れちゃったことがあって、そしたら糸がほどけて、駄目にしてしまいました。今は3セットを使いまわしてます。

 

・洗濯簡単で衛生面も安心
・取り外し簡単
・耐久性もあり
・コンパクト
・左右どちらも使えなくもない
・なんといってもお値段が良心的

 

ほんとはこれ、偏平足対策としての「土踏まずサポーター」として販売されてます。

↓これが私が愛用してるサポーターです。ちなみに私は扁平足ではありません。

 

 

どうか、このサポーターがある日突然なくなったりしませんように、と祈るばかりです。

 

さいごに

私の場合は、痛いのは右足の親指の付け根だけ。
運動不足ですか?と先生に聞くくらいなので、私は運動もほとんどしないのに、こんなことになってしまいました。
ほんとは陸上選手とか、足を酷使する方がよくなる症状らしいです。

私は1日歩きすぎただけでなっちゃいました。軟弱にもほどがあります。
しまいにはどんどん傷みがひどくなってしまい、親指の付け根も、それに側面まで腫れてきました。

歩かないでいるときにも、ズキンと痛みが走ることもあり、症状としは結構つらかったですが、この部分の衝撃を和らげることで、かなり症状が緩和、今では無理をしなければ、ほぼ痛みはありません。

 

当初、普通に歩けないくらい痛みがひどくて、家の中で動くのですら困っていたので、良いサポーターに巡り合えてよかった!というのが私の感想です。

でも、こんなことになる前に、もっと足をいたわる靴選びをしていれば、と反省しています。

思えば、機能性より安さやファッション性重視で靴選びをしてきたことで、こんなことになってしまったと。

 

足は毎日必ず使いますから、一度傷めてしまうとほんとに治りにくいですよね。足裏を安静にするって難しい。傷めてみて実感しました。

 

靴ってどうしても見た目を重視して選ぶことになるけど、履き心地、足への優しさが何より大事だなぁと改めて思います。
特に長時間歩くときは、靴のクッション性が大切ですね。

 

あなたの種子骨炎も良くなりますように、どうぞ、お大事に。

 

 

スポンサーリンク

カテゴリ:美容と健康 




よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ