掃除用の重曹、食用には?料理のアク抜きに使える?

重曹を活用できるものって、いろいろありますよね。

お料理、お掃除、薬用など、とっても万能な重曹。

お料理ではふくらし粉やアク抜きとして、
お掃除に使えば、油汚れに強く、焦げやこびりつきなどにも効果バツグン。
薬用では、胃薬などにも配合されていたり、歯磨きやうがいにも利用できます。また、お風呂に入れて入浴剤として使うこともあります。

何にでも使えるけど、お掃除用として販売している重曹って食べたり飲んだり、食用に使っていいの?
今回はこちらをテーマにして重曹についてのご紹介です。

 

スポンサーリンク

 

 

重曹にはお料理用と掃除用がある

市販されているものには、

 

・お薬コーナーにある薬用のもの
・食品のコーナーにある食用のもの
・洗剤のコーナーにあるお掃除用のもの

 

おおまかにこの3つが売られています。

 

重曹の料理用と掃除用、違いはあるの?

重曹はもともとそれほど高いものではありませんが、薬用とお掃除用ではかなり値段も異なります。

これの中身は違うのでしょうか?

 

いずれも成分表には「炭酸水素ナトリウム」で同じです。

 

成分としては同じですが、食用として製造・販売するには、保健所の許可を得て衛生面等で安全基準を満たしている必要があります。

一方、掃除用ではその必要がありません。

この違いは大きいですね。

実際、何か混入していても、掃除用ならOKでも食用となったらNGとなる可能性があるということ。

さらに、料理用は粒子が細かく、溶けやすくなっていますが、お掃除用は粒子が荒く、油汚れなどに強く力を発揮します。やはり、用途に合ったものを選ぶのが最適なんです。

 

スポンサーリンク

お料理用の重曹なら掃除用でも大丈夫

粒子は細かいですが、お料理用の重曹を掃除用に使うのであればもちろん問題はありません。

ただ、お掃除用のものは、安価で気軽にお掃除に使えるように大きめの袋に入っているものが多いですね。

ですから、お掃除に頻繁に活用するならば、やはりお掃除用を使うのが経済的。

 

ですが、食品を扱うものを掃除するとき、例えばポットややかん、電子レンジ、お子様が舐めてしまうものなどの汚れ落としなら、食用の重曹を使えうと安心ですね。

 

重曹の特徴、有効な使い方は?

重曹は弱アルカリ性なので、酸性のものと合わされば中和されます。

この原理を利用して、油汚れ(=酸性)を簡単に落とすことができるのが特徴。

 

重曹を水に溶かして、油汚れにかければ、中和して落としやすくなります。重曹水の濃度を濃くして、ペースト状にすれば、さらに頑固な油汚れにも対抗できます。

 

通常の汚れ落としとしての重曹水は、

水100ccに対して重曹が小さじ1が目安。

 

大さじ1は小さじの3倍の量になりますので、水1リットルなら大さじ3と小さじ1となります。

重曹は溶けにくいので、最初にいくらかのお湯で溶かしてから水を加えると良いでしょう。

この重曹水は日常の汚れに有効な万能スプレーとしてお掃除に活用できます。

スプレーして、少し汚れと馴染ませると、中和して汚れも落ちやすくなります。

 

重曹は消臭剤としても優秀

また、弱アルカリ性なので、臭いの元となる酸にも効果を発揮します。

 

重曹を小さな容器に入れて下駄箱などの隅っこにおいておくのも効果的です。

普段洗えないカーペットは、思っている以上に臭いや汚れが付きやすいものです。

 

カーペットには、重曹を振りかけて、手でさっと馴染ませ、数時間~一晩放置。

すると、重曹がカーペットの酸性の汚れを中和して、汚れや臭いを取れやすくしてくれます。

その後、掃除機でよく吸い取ります。

 

さいごに

あちこちの掃除などに大活躍の重曹。

そもそも食用にも利用できるもの、ということで、洗剤としても安心して使えますよね。

 

比較的安全な洗剤ではありますが、やはり食用として利用するなら、衛生面を考えて、お料理用の重曹を使いましょう。

重曹でも、その作る工程、環境などが違いますし、食用には食用なりの安全基準があります。

 

口に入るもの、子供さんが直接触れるものなどを掃除する場合には、念の為に料理用を使いたいですね。

 

 

部屋の臭いの原因になるもの、対策、消す方法はこれが有効!

スポンサーリンク

カテゴリ:日常生活 




よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ