箱根フリーパスはお得?料金を比較チェック!

箱根観光でチェックしたい「箱根フリーパス」

これってほんとにお得なのか。

お値段もそれなりにするので、実際どの程度利用すればお得なのか、どこまで行くならお得なのか、といったことが気になりますよね。

そこで今回は、普通の料金だといくらなのか、参考プランから実際の交通機関の料金を調べてどれくらいお得なのか、損しないのか、計算・比較してみました。

 

 

 

スポンサーリンク

箱根フリーパスってお得なの?

箱根での観光では、電車、バスのほか、ケーブルカーやロープウェイなどいくつかの交通機関を利用します。
そこで気になる「箱根フリーパス」という8つの乗り物にが乗り放題となる切符。

 

実際箱根観光をしてみると、たくさん乗り物に乗るので、いちいち切符を買わなくていいし、見せるだけでスムーズに通過できるので、とっても楽でした。

 

見どころの多い箱根では、いろいろな駅で降りてみたいし、その点フリーパスならムダな料金がかからず安心です。

 

箱根フリーパスと普通乗車券の料金を比較

新宿出発で、箱根湯本まで、料金を確認してみましょう。

 

新宿から箱根湯本まで

 

【普通乗車券の場合】

乗車券 片道が1,190円
ロマンスカー特急券、片道が1,090円

往復で4,560円となります。

 

【箱根フリーパスを使う場合】

箱根フリーパス2日券 5,140円
ロマンスカー特急券 片道 1,090円

往復で7,320円となります。

 

普通乗車券を購入した場合と、箱根フリーパスを使った場合、差額は2,760円です。

箱根フリーパスは2日間有効となっているので、日帰りでも1泊でも活用できます。(3日間有効のフリーパスもあります)

 

フリーパスがお得かどうか、この差額分2,760円を実際利用するかどうかがカギになりますね。

 

参考プランでの料金、フリーパスはどこからお得?

差額2,760円分といっても、それぞれの料金がもともとどれくらいかかるのかわからないですよね。

 

そこで参考プランから料金をチェックしてみましょう。

まず、箱根のフリーパスで動ける範囲は以下の通りです。

 

箱根ナビより

 

箱根周遊【参考プラン】
箱根湯本⇒大涌谷⇒桃源台⇒箱根町港⇒箱根湯本

箱根湯本を出発、強羅へ、箱根ロープウェイで大涌谷方面へ、そして箱根海賊船にのって箱根町港、そして箱根湯本へ。

 

このプランで周遊する場合、通常料金だと以下のように。

すべて片道料金です。

 

箱根湯本から強羅までの箱根登山電車 400円

強羅から早雲山への箱根登山ケーブルカー 420円

早雲山から大涌谷への箱根ロープウェイ 900円

大涌谷から桃源台への箱根ロープウェイ 1,120円

桃源台から箱根町港へ箱根海賊船 1,000円

箱根町港から箱根湯本へ箱根登山バス 960円

 

これを合計すると4,800円となります。差額2,760円を超えている分、箱根フリーパスの方がお得ですね。

 

このプランの場合、強羅や早雲山あたりまでしか行かないのであれば、フリーパスだと損してしまいます。

 

大涌谷まで行くなら、フリーパスの方がお安くなります。

特にロープウェイや海賊船は運賃が高いので、利用するならフリーパスは必須ですね。

 

また、箱根フリーパスには、50ほどの温泉や観光施設などの優待や割引を受けられる特典も付いてます。

 

ただし、箱根フリーパスでは乗れない乗り物があるので、事前に行きたい場所への交通手段が対象になっているか確認しておきましょう。

フリーパスで乗れる乗り物には、このマークが付いてます。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

箱根フリーパスの料金

箱根フリーパスには有効期限が2日と3日の2種類あります。

 

2日間有効 5,140円
3日間有効 5,640円

 

この料金の中に

・小田急線の往復

・フリーエリア8つの交通機関に乗り降り自由

・50以上の施設での優待・割引料金適用

が含まれています。

 

箱根フリーパスで利用できる交通機関

 

箱根登山線(全線)
箱根登山ケーブルカー
箱根ロープウェイ
箱根海賊船
箱根登山バス
小田急箱根高速バス
東海バスオレンジシャトル

 

これら8つの交通機関が利用できます。

 

スポンサーリンク

ロマンスカーに乗るには特急券が必要

箱根フリーパスでは小田急線の往復が含まれていますが、特急ロマンスカーに乗る場合は、フリーパスだけでは乗車できず、特急券が必要となります。

 

特急券は

新宿から小田原まで890円
箱根湯本まで1,090円

 

全席指定で展望席でも同じ料金です。

 

【関連記事】
>>>ロマンスカーの座席、おすすめ、一般席ならここがいい!

 

スポンサーリンク

箱根フリーパス、特急券はいつから買える?

箱根フリーパスは事前に買える?

フリーパスは当日購入も事前購入も可能です。

 

ただし、自動券売機で購入する場合は当日から有効分の切符のみとなります。

事前に購入したい場合は窓口で購入します。

フリーパスを購入できる場所は後述します。

 

特急券は当日買える?

ロマンスカーは全席指定となっているので、満席となっていれば当日の購入はできません。

 

インターネットで1ヶ月前から予約が可能です。
展望席は人気があるので、ご予約はお早めに。

 

スポンサーリンク

箱根フリーパスはどこで買えるの?

箱根フリーパスは、

小田急線各駅の自動発券機で購入可能ですが、こちらは当日から有効なパスのみとなります。クレジットカードも使えます。

 

自動券売機の場合は、画面上で「フリーパス」を選び、さらに「箱根」を選択します。

 

自動発券機以外の購入場所としては、

 

・小田急トラベル各営業所(一部取扱の無い店舗あり)
・箱根登山鉄道の主な駅
・箱根登山バス案内所
・主な旅行代理店
・セブンイレブン(セブンチケット)

 

これらの窓口では、事前に日付を指定したフリーパスの発行が可能です。

 

スポンサーリンク

箱根フリーパス利用時はここに注意

フリーパスの周遊は時間もチェック

季節にもよりますが、ロープウェイや海賊船は最終の運行が早めに終わります。

 

箱根ロープウェイは17時(12~1月は16:15まで)まで
箱根海賊船は16時過ぎから17時頃まで

 

また、美術館など、各観光施設の閉館時間も17時前後と早めなので、早朝から動くのがおすすめ。乗り物の時刻表も確認しながら予定を立てておくと安心です。

 

お天気にも注意

乗り物によっては、悪天候により運休となることもあります。特にロープウェイは運休となることがあるのでご注意を。
ロープウェイの代行バスにもフリーパスで乗車できます。

 

運行状況はこちらでチェック

>>>箱根ナビ(交通・運行情報)

2019年2月13日から3月7日までの23日間、箱根ロープウェイでは定期点検工事のため早雲山駅から大涌谷駅間で代行バスでの移動となっています。

 

さいごに

箱根観光にはあると便利な「箱根フリーパス」

 

フリーパスがあれば、1駅1駅観光しながらのんびんり周遊するのもいいし、せっかくだから遠くまで足をのばしてもいいし、あなたのプラン次第で楽しさもアップしますね。

 

箱根への日帰りでも、1泊、2泊の旅行でもこのフリーパスを活用すると旅の範囲もぐんと広がります。

 

良い旅を♪

 

【関連記事】

>>>ロマンスカーの座席、おすすめ、一般席ならここがいい!

 

コメント