風邪にりんご、その効果は?加熱したら栄養は?ビタミンCはどうなる?

公開日: 

「りんごが赤くなると医者が青くなる」

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」

34193fc152a8a4666ab7484306284ecb_s

こういった言葉もあるように、風邪の時はりんご、というのが定説になっていますが、りんごのその効果や栄養価、けっこう意外なものがあったりします。

あなたはほんとうのりんごの効果、ご存知ですか?

スポンサードリンク

風邪にりんご、どんな効果が期待できる?

風邪の時、りんごを食べると良いといいますよね。

それって、なぜでしょうか?

りんごにはペクチンがたっぷり。
ペクチンというのは、水溶性の食物繊維で、粘膜保護作用があります。風邪で弱ったあちこちの粘膜に効果を発揮してくれるんですね。

りんご酸には消炎効果や疲労回復効果があります。

風邪を引くと、活性酸素が増え過ぎて、健康な組織まで傷付けはじめます。

りんごにはポリフェノールが豊富に含まれており、この活性酸素を減らすことのできる抗酸化作用があるのです。
風邪の時に食べると効果的であり、健康な時に食べることで、風邪予防になるのです。

りんごを切った時に表面が茶色くなるのは、このポリフェノールがりんごを老化させないために働いている証拠なんですよ。

ちなみに、りんごは血糖値を上げにくいフルーツなので、血糖値が気になる方にもおすすめなのです。

りんごの栄養、ビタミンCはどれくらい?

りんごの栄養効果、なんだか風邪にいいって言うし、ビタミンCもたっぷりな感じがしますね。

実際どうなんでしょう?

ビタミンCを多く含むことで知られているレモンは100g中に100mg、キウィで100gに69mg、イチゴは100g中に62mg。

それに対して、
りんごには100g中に4mgしか含まれていません。

意外ですよね。

ところがなぜか、りんごを食べると、血液中のビタミンCが増加するのだそうです。

りんごにはビタミンCは微量しか含まれていないものの、りんごを食べることで、ビタミンCを効率よく血液中に取り入れる働きがあるということがわかっています

ふむふむ、りんごにビタミンCがたっぷりなのではなく、他の食材から取り込んだビタミンCがしっかり吸収されるようにサポートしてくれるってことなんですね。


スポンサードリンク

風邪にりんご、加熱すると効果はどうなの?

りんごを加熱すると、栄養価は下がってしまうのでしょうか?

ビタミンCの含有量が意外と少ないりんご。

加熱により酵素やビタミンCは減少してしまいますが、
実は加熱によりペクチンが約9倍にもなるのです。

粘膜保護作用ももちろんUP、風邪にはさらによい効果が期待できます。

りんごの皮にはさらにペクチンやポリフェノールが豊富なので、皮ごと煮たり焼いたりするのがおすすめです。

私は、野菜を使った時に出る皮やヘタのところなど、捨てるような部分を集めて毎日のように野菜スープにしているのですが、これにりんごの皮やヘタのところも入れてしまいます。

たっぷりの水と料理酒少々を入れ20~30分煮ると、綺麗な色の野菜スープができあがります。濾して冷蔵庫で数日保存可能です。

お料理に水を入れる代わりにこの野菜スープを入れると、料理も美味しく、栄養価もUPするのでおすすめです。

果物や野菜は捨てるところに栄養がたっぷり含まれていることが多いですよね。

そうした栄養素も無駄にならないように、効果的に頂きたいものですね。

まとめ

りんごはひとつずつ新聞紙でくるんで、ポリ袋などに入れて冷蔵庫保存すると長持ちします。

りんごはエチレンを出すので、そのまま冷蔵庫保存すると、そのエチレンが他の果物や野菜の成熟を促進し、傷みの原因となってしまいます。りんごを冷蔵庫等で保存する場合は、ポリ袋やラップで包みましょう。

風邪にりんごの効果 すりおろしがいいのはなぜ レシピは?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑