桔梗屋の工場見学、詰め放題も包装体験もできなかった~

桔梗屋の工場見学に行ってきました。

最近テレビに出ることも多くて、気になっていたんですよね~。

テレビで露出が多いということは、混雑するってことで、話題の信玄餅詰め放題はもともと時間的に無理だろうとは思っていましたが、近くまで行く機会があったので、ひとまず工場見学だけでも、ってことで出かけてみました。

出かけたのは、8月5日の金曜日、夏休み中の平日、ということで、なかなかの人手でした。

桔梗屋の工場アウトレット社員特価販売1/2

工場に到着、駐車場から工場敷地内に入ると、すぐにアウトレット社員特価販売1/2がありました。

お昼過ぎの1時くらいだったので、すでに「信玄餅のアウトレットは売り切れました」と表示があり、アウトレットにはいくらかお団子やおまんじゅうなどがお安く売られていました。

2016-08-05_061839576_1CC51_iOS

時間的にもほとんど目玉的な商品は売れてしまっていましたが、見ている途中、追加される商品もあったようで、このアウトレットに並ぶ商品はそのときの運もあるようです。

おせんべいもたくさんあったけど、これは正直、お得感もなくて、そんなに売れてないように見えました。

でも、人は結構たくさんいて、混雑してました。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

いしがきミュージックフェス、今年はいつ?参加アーティスト、会場は?

いしがきロックフェス、今年も楽しみですね。

本日、第二弾アーティスト発表がありました。

無題

入場無料でプロのアーティストの演奏が間近で見られるとあって、当日は県外からもたくさんの人が盛岡に訪れ、賑わいます。

今回は、このいしがきミュージックフェスの日程や参加アーティスト情報、その他のイベント情報についてご紹介します。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

いしがきミュージックフェス、盛岡の駐車場、混雑は?

岩手県盛岡市で毎年開催される『いしがきミュージックフェス』

今年は

今年も第一弾アーティスト情報も発表され、次回、第二弾の発表も間もなく、今からワクワクしますね~。

無題

入場無料のこのイベント、無料とは思えないゴージャスなアーティストに会えるとあって、当日はどこもたくさんの人出。

今回は、いしがきミュージックフェスの際の駐車場情報をご紹介します。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

岩手 盛岡のよ市、地ビールベアレンで乾杯!駐車場、トイレは?

岩手の県庁所在地、盛岡で、毎年4月~11月に行われる材木町の「よ市」。

ちょっと雨が降りそうかも~っていう少々怪しい天気の中、なんとか大丈夫そう、ってなことで、よ市に行ってきました。

今回は、盛岡のよ市の様子についてご紹介します。

盛岡 材木町 よ市は今日も混んでました

材木町のよ市は毎年4月~11月の毎週土曜日、

15:10~18:30頃(天候により異なる)まで、小雨決行となってます。

このよ市が行われる材木町の通りは、普段は車が往来するところなのですが、この時間帯は車は通行止め。

この材木町の通り沿いに面している駐車場からの車の出し入れもできなくなります。

さて、私たちが到着したのは、4時過ぎ頃。

材木町の入り口はこんな感じ。混雑しています。
こちらは旭橋側からの入り口です。

2016-07-09_074032726_036A5_iOS

>> 続きを読む

スポンサーリンク

大曲の花火、駐車場、おすすめは?無料もある?渋滞はどうなの?

大曲の花火といえば、渋滞は必須です。

少しでも渋滞を回避するにはどうしたらいいか?

今回は大曲の花火大会の駐車場、渋滞等についてご紹介します。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

対策必須!大曲の花火は持ち物、服装、ここにご注意!

 

今年の大曲花火大会は第90回

8月27日(土)

昼花火が17:30~
夜花火が18:50~

有料桟敷席の予約販売については、4月上旬に案内される予定です。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

松田の桜まつりの駐車場と渋滞は?画像あり

松田町のさくらまつりに行ってきました。

ちょうど河津桜が満開で、天気の良い週末。土曜日。

松田町の桜まつり、渋滞はこんな感じでした。

渋滞覚悟で出かけました。東京から東名高速に乗り、横浜あたりでしばらく渋滞。

横浜を抜けてから大井松田ICまではスムーズ。

到着したのはお昼過ぎ頃、大井松田ICからも渋滞は無く、臨時駐車場の近くになってから少々混雑はありましたが、ほぼ渋滞らしい渋滞はありませんでした。

来る途中の環八や横浜あたりの渋滞の方が圧倒的にすごかったです。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:観光スポット・イベント 

松田町の河津桜、桜まつりはこんな風景!

ここ数日、とっても寒かったですが、今日は久々に少し暖かめで、思い立って松田町の桜まつりに行ってきました。

松田町の河津桜、満開です

ちょうど今、松田町の桜は満開で、とってもキレイです。

01edc1220444d07b12c3509035f9039a8cc9b98e62

菜の花も満開で、ピンクと黄色のコラボレーションがとても美しかったです。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

タグ:

カテゴリ:観光スポット・イベント 

関東で潮干狩り、電車で行けるのは?持ち物、持ち帰り方法は?

関東で潮干狩り、電車で行きたい場合のおすすめってどこ?

無料のスポットなら言うことなしなんだけど。

今回は電車で行ける、無料の潮干狩りスポットと、電車で行く場合の潮干狩りグッズや、貝の持ち帰り方法についてもご紹介します。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

六本木 展望台のお値段は?割引ってある?最安購入はここ!

六本木に行ったら立ち寄りたいスポット、六本木ヒルズ。
六本木ヒルズ森タワーにある展望台、東京シティビューも必見です。

でも、六本木という立地柄、もちろんお値段もお高め。少しでも安くチケットを入手できたらラッキーですよね。

今回は六本木の展望台を少しでもお安く利用するための割引チケットについてご紹介します。

 

六本木ヒルズの展望台、お値段は?

六本木ヒルズ森ビルにある展望台、「東京シティビュー」の入館料は

 

一般       1,800円
シニア      1,500円
高校生・大学生  1,200円
4歳~中学生    600円

 

となっています。

このチケットで、東京シティビューと森美術館に入場できます。

 

なお、東京シティビューは屋内展望台。
屋上にあるオープンエアのスカイデッキに入るには

 

一般・シニア(65歳以上)

高校・大学生:500円
4歳〜中学生:300円

 

といった料金が別途かかります。

 

一般料金だと、

東京スカイビュー+屋上のスカイデッキ+森美術館、合計で2,300円です。

 

では、早速割引チケットについてご紹介していきましょう。

 

六本木の展望台、最安値の割引チケットはこれ!

Voyagin (ボヤジン)というサイトでチケット予約、これが現在、六本木の展望台、最安値のチケット入手方法となっています。

 

☆Voyagin (ボヤジン)とは?
旅行会社Voyaginは、楽天グループの会社で、アジア11ヶ国の体験ツアーやチケット予約のできるオンライン旅行サイトです。

 

Voyagin (ボヤジン)では、六本木の展望台の「通常チケット」と「VIPチケット」、2種の割引チケットを入手できます。

では、それぞれの内容、料金、割引率など詳細をチェックしてみましょう。

 

33%OFF!通常チケット(東京シティビューと森美術館)

Voyagin (ボヤジン)なら、六本木の展望台のチケット、

通常一般で1,800円のところ、⇒33%OFFの1,194円で購入できます。

割引率でいったらこれが最安値。

 

>>>六本木の展望台、割引チケットを今すぐチェック

 

こちらのチケットでは、東京シティビューと森美術館に入場できます

ただし、屋上のスカイデッキ入場は含まれません。

 

通常チケットは日付指定のチケットで、希望日、希望時間を入力して予約、当日のみの利用となります。

予約時、時間は選択しますが、実際の利用時間は当日内ならOKなのでご安心を。

 

ちなみに六本木ヒルズ展望台 東京シティビューの営業時間は、
平日および休日 10:00から23:00(最終入館22:30)
金・土・休前日 10:00から25:00(最終入館24:00)です。

 

さて、最安の通常チケットを検討する前にもうひとつ、Voyaginで購入できる「VIPチケット」もチェックしておきましょう。

 

24%OFF&優先入場!VIPチケット

Voyagin限定販売の「VIPチケット」

こちらは「東京シティビュー・スカイデッキに優先入場 & 森美術館」が含まれます。

 

通常は一般料金1,800円とスカイデッキ500円で合計2,300円のところ

⇒24%OFFの1,800円で購入できます。実質スカイデッキが無料、さらに優先入場という特典付き♪

このチケットは他では販売していません。
混雑時でも行列に並ぶことなく優先入場したい、プラス、スカイデッキも利用したいなら、こちらが断然おトクです。

 

こちらのVIPチケットは行く予定の日付けで予約をしますが、万が一その日に行けなくなったとしても、2018年7月31日までなら別の日に利用しても大丈夫。もちろん1回のみですけど。

 

【利用方法】

VIPチケットはVoyaginでの予約時に受け取り方法を指定しておきます。
VIPチケットは受け取り場所にて、予約時に発行される「予約番号」と「予約者名」を示して紙のチケットを受け取ってからの入場となるのですが、紙のチケットの受け取り方法が、いくつかあります。

有料で自宅に届けてもらう(400円)

宿泊しているホテルにデリバリーしてもらう(4,000円)

 

といった方法もありますが、手数料がお高いのでやめておきましょう。

 

展望台と同じ森タワー内にある「HIS 六本木ヒルズ営業所オフィスピックアップ」(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズウェストウォーク6F)にて受け取れば、手数料は無料ですし、展望台からもすぐなので便利です。

 

展望台は森タワーの52階、この図のウェストウォークというところにHISがあります。

なお、場所は離れますが、渋谷にある「Voyaginオフィスピックアップ 」での受け取りも可能。こちらも無料で受け取れます。

 

VoyaginのVIPチケットがおすすめな理由

Voyagin限定のVIPチケットを購入すると、

 

・連休、夏休み、土日など行列していても、並ばずに入れる
・HISでの受け取りもスムーズ
・当日サクッと購入してVIP待遇

 

連休中など混雑時は1時間以上並ぶこともある展望台ですが、このVIPチケットがあれば優先的に入れるので、そうした時間の無駄を省くことができます。

安い上に時間の節約にもなる、満足度高いですよね。

 

ちょっと複雑なので、ここまでの内容を整理してみましょう。

これが、Voyaginで購入できるチケット2種の比較です。

 

33%OFFの通常チケットの方だと、1,800円が1,194円になり、割引率は大きいですが、VIPチケットに付いている優先入場はついていませんし、スカイデッキ入場もできません。

特に混雑時に行く予定なら、優先入場が魅力のVIPチケットがおすすめ。

 

なぜ発券方法が違うのか謎ですけど、通常チケットの場合、必ず印刷したものを持参しないといけません。

スマホ画面の掲示でもいけんじゃないか、と思いがちですが、それはNG。現地で発券するなら、コンビニ等でもとにかくプリントアウトして持参しましょう。

 

>>>六本木の展望台割引チケットを入手する

 

Voyaginのチケットを利用すれば、一般チケットの他、シニアチケットよりもお安くなります。残念ながら、お子様のチケットは対象外です。

 

コンビニでも割引チケット購入可能

コンビニで購入できる割引チケットは最安値ではありませんが、手軽にコンビニの端末で前売券を入手する方法もあります。

 

一般料金が1,800円のところ、1,500円で購入できます。

ただし、コンビニ購入で割引になるのは、「一般」のみとなっています。
コンビニ購入の割引では、一般以外のシニアや子供料金についての割引、及びスカイデッキについての割引はありません。

 

( )内は商品コードです。

ファミリーマート(0240007)、ローソン(32475)
他にもセブン-イレブンなどで購入できます。
※( )内は商品コードです。

 

Voyaginのチケット予約も簡単、そして安いですが、より簡単にということであれば、こちらもおすすめです。

 

年間5回以上行くなら年間パスポート

1年間に何度もで行きたい!という方には、年間パスポートがあります。5回以上行くなら、こちらがおトク。

 

「森美術館と東京シティビュー」のパスポートで、
発行日から1年間の有効期間で6,000円(税込)です。

5回行けば、1回あたり1,200円の計算。
毎月1回行くなら1回あたり500円ですから、これは断然おトクですね。

 

しかもこのパスポートを使えば、森美術館と東京シティビューに加え、スカイデッキにも無料で入館可能となります。

さらに入場時には、専用カウンター利用で混雑時にもスムーズに入場できるんです。

 

ちなみに同伴者がいる場合は、5名まで一般1,800円を1,500円に、さらに同伴者も追加料金無しでスカイデッキを利用できます。

 

TOHOシネマズ 六本木ヒルズのチケットで割引

TOHOシネマズ 六本木ヒルズのチケットを提示すると、東京シティビューや森美術館の入館料が一般¥300引きになります。
(その他の割引との併用は不可)

 

映画を見たら、レストランなどでドリンク無料サービスがあったり、展望台を楽しんだあとには、ショッピングの割引が受けられたりと嬉しい特典があります。

映画を見たら、チケットを捨てないで六本木ヒルズをお得に楽しみましょう。

ちなみに、映画の席を予約すれば、映画を見る前でもこの特典は受けられますよ!

 

ところで六本木ヒルズの駐車場って割引はある?

車で行くとなると、駐車場料金も大きな出費になりますよね。
六本木ヒルズには2,762台収容のパーキングがあります。
これ、割引料金とかあるのでしょうか。

 

駐車場の料金は300円/30分が基本ですが、場所によっては100円/10分、200円/10分(P3・グランドハイアット東京内駐車場)というところもあります。

1日最大料金(5時間以上24時間以内)は3,000円です。

 

駐車場の割引としては、

ショップ・レストランなどを利用での割引
美術館や東京シティビューのチケットを購入した際はチケットカウンターで駐車券を提示すると

1,000円を1ポイント(100円単位切り捨て)として計算して、
5ポイント以上 2時間無料
10ポイント以上 4時間無料
30ポイント以上 24時間サービス(30ポイント上限)

となっています。

ただし、グランドハイアット東京内の駐車場(P3)はサービス対象外。

 

六本木ヒルズでは、5時間以上24時間以内の駐車場料金が1日料金として3,000円。

 

割引料金の例として、

 

駐車場を7時間利用
⇒4時間割引サービスを受けられる場合、駐車場料金は3時間分の料金。

駐車場を7時間利用

⇒2時間割引サービスを受けられる場合は、駐車場料金は5時間分となり、駐車料金は1日料金が適用され、3,000円となります。

 

その他の駐車場の割引サービスとしては、「ヒルズMasterCard」によるものがあります。

こちらは、駐車場精算時に駐車券を挿入後、カードを精算機に挿入することで、毎回2時間サービスとなります。
(グランドハイアット東京内の駐車場(P3)はサービス対象外)

 

まとめ

六本木の展望台を楽しむなら、最安で購入できるVoyagin (ボヤジン)でチケット予約しましょう。
おすすめは優先入場とスカイデッキの利用可能なVIPチケット。

 

年に5回以上行くなら、年間パスポートを使うとお得です。
展望台、スカイデッキ、森美術館でもそれぞれ年間を通じてイベントも楽しめます。

サービスをうまく利用しながら、ゴージャス気分を満喫できたらいいですね♪

 

>>>六本木の展望台、最安の割引チケットをチェック

スポンサーリンク

よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ