エコタンクのプリンタ、EW-M660FTを使ってみたレビュー

昨年末に購入したエプソンのエコタンク搭載モデルのプリンターEW-M660FT。

年末の資料のプリントアウト、そして年賀状の印刷と年末から年始にかけてフル活動したプリンターですが、現在までのところとっても快適です。

今回は、このEW-M660FTで実際に印刷してみてどうだったか、年賀状は?文書は?、ストレスのない設置スペースの確保や音、肝心のインクについて、などなど、EW-M660FTを実際に使った結果についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

年賀状の印刷

我が家の場合、写真は写真屋さんでプリントするので、そうなると一番気になるのがやっぱり年賀状の印刷。
やっぱり年賀状程度の色は楽しみたいので、あまりひどいと嫌だなぁってのはあったけど、実際プリントしたら、十分に満足できるレベルでした。

 

ちょっとカラフルなこんなデザインにしてみたけど、色味も悪くないし、必要十分だな、と。
他の6色タンクなんかのインクジェットプリンタと同じものをプリントして比較すれば、見劣りはするのでしょうが、全然問題ありません。うん、これなら満足。

 

文書の印刷

文書の印刷は黒い文字もくっきりはっきり、とっても快適です。

エプソンのこれまで使ってた一般的な家庭用インクジェットプリンタは、黒が染料インクだったので、若干グレーがかっててハッキリというより少し輪郭がぼやけた感じになっていたけど、こちらは黒は顔料インクを使用しているので、美しい黒色。

 

設定して最初のお試し印刷、これも調整などなくても、一発で美しく印刷できて、これまでのところ、ノンストレスです。

 

印刷のスピード

こういうプリンターって、パソコンから印刷のボタンしてからがちょっと時間かかりますよね。
例に漏れず、こちらのプリンタも若干時間がかかります。
なんだかインクの調子を調べたり、中で何かの作業をがんばっているんでしょうかねぇ。

 

いざプリントし始めれば、そこそこのスピードなので、「遅い!」とかといった不満の出るレベルではありません。これは個人差があるでしょうけど、以前我が家で使っていたEP805Aと大きな差は感じていません。面倒なので実測などはしていませんけど。

 

スポンサーリンク

設置場所

横幅はインクタンクの分、少し長め。
奥行は通常のプリンタとほとんどかわりありません。

 

無線LAN対応ですので、アダプターさえつなげばOK、配線もシンプルにできるので、置き場所もそれほど選びません。

可能であれば、向かって右側側面はインクタンクがあり、補充もここから、残容量なんかも右側面で見えるようになっているので、右側には壁などの障害物がないとさらに快適でしょう。

 

残念ながら我が家では右側面が壁になっているので、インクの残量を見るためには本体をグイっと動かさないと見れないので、若干不便を感じます。できたらそのうちに設置場所を変えたいところです。

自動原稿送り装置(ADF)があるので、蓋部分を開閉する分、背面の壁から数センチは離したいところ。

 


我が家では、背面が壁なので、3センチほど手前に置いてますが、これくらい離せば開閉にも支障はありません。

 

音は以前使用していたエプソンのEW805Aより少し大きい気がします。特に印刷の始まりの時の音が結構大きいです。

まぁ、一般家庭用というより、ちょっとオフィス用という感じだから、オフィスであれば、気にならない程度の音、なのかも。
一般家庭でやると、ちょっとうるさい感じがします。

 

インクタンク

こんな風になってます。
最新のエコタンク搭載モデルとの違いがここです。
最新のは、ピタッとインクタンクの口が差し込んでセットできるようになってますので、はみだしてしまったり、なんていう失敗がないような構造になってます。

 

まぁ、不器用な私ですが、これくらいのことなら不便はしないだろうと思えましたし、実際入れてみたけど、問題なく充填できました。

インクの残量がたっぷりで、減り方も目で見れるので、いきなりインク切れ!困った!なんていうのとは無縁になれそうで、安心です。

 

インクを入れてて思ったことは、ジョボジョボと入れるので、こりゃほんとに1年もつかもしれない、ということ。
これまで使ってた6色タンクとかのインクって小さい小さいタンクで、チョボっとしか入ってませんからね。
これと比較したら、かな~り長期間の使用を期待できそうです。

インクタンク搭載のプリンターって「値段が高い」という印象だけど、インク代込み、ということを考慮に入れると、改めて十分に選択肢に入ってくるものなんじゃないかと。

 

インクのストレス

インクのストレスが無いって、ほんとに快適!!
文書やら年賀状やらあれこれ印刷しても、インクはまだジャブジャブとたっぷり入ってます。
これくらい印刷したら、前のプリンタなら、すでにインクの残量が心もとなくなっているはず。

 

さらにあと1年分プラスおまけでもらった1年分もあるから、当分インクは買わなくてよいわけです。
あとは本体の耐久性、インク詰まりなどのトラブルがないか、ということがポイントになってくるかな。

 

最後に

いいことばっかり書いたようだけれども、個人的にデメリットがあるとしたら、

 

・大きさ(慣れればなんてことはないけど)
・重さ(持ち歩かないから別にいいけど)
・音の大きさ(まぁ許容範囲内)
・蓋部分の開閉、ADF搭載の分、少々重い(当たり前)

 

こんなところかな。

 

総合して、これまでのところ、とっても快適です。
最初はエコタンク搭載モデルは高くて全然候補に入ってなかったけど、これが急浮上してきて良かった。
結果として、コスパは良くなるはず。

インクが豊富なので、ちょっとしたものも印刷して楽しめるし、これは良い買い物をしました。

以降また使用して何かあれば、レビュー追加していきます。

 

【関連記事】

プリンターのインクが高い!だからエプソンのエコタンク搭載プリンタを購入してみました

 

スポンサーリンク

カテゴリ:家電 




よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ