おたふく風邪の症状、子供は?大人は重い?予防接種してもかかるの?

おたふくかぜが4年半ぶりに全国的な流行となりそうだと、この1月に国立感染症研究所が発表しました。

なぜか4~5年を周期に流行をするそうで、今年がその年となりそうです。

おたふくかぜというのは、一度かかれば、終生免疫が得られるのですが、まだ一度もかかったことがなければ要注意ですね。

今回はおたふくかぜの症状や予防接種してもかかるのか?予防法は?潜伏期間は?などについてご紹介します。

おたふく風邪の症状、子供の場合

おたふくかぜとは、正式名称を流行性耳下腺炎といいます。

おたふくかぜを発症すると、名前の通り耳下腺が炎症を起こし、耳やアゴの下が腫れて痛みや発熱を伴います。

両側が腫れる場合と片側が腫れる場合があり、腫れは1週間から10日ほど続き、腫れる場所によっては腫れが2~3週間も続くことも。

時には片側が腫れ、治まる頃に反対が腫れる、という場合もあるようです。

熱はそれほど高くない場合が多く3~4日で治まり、熱が出ないこともあります。

痛みや熱も個人差があり、予防接種を受けていなくても、中には症状が非常に軽くて「先生はおたふくだって言ったけど、ほんとにおたふく?」というようなお子様もいるようですね。

おたふく風邪 症状、大人の場合は?

成人男性の場合は、悪化することも多いと言われています。

実際、腫れも痛みも、子供と比較するとかなり痛みが強いなど、症状が重くなるケースが多いようです。

成人男性の場合、おたふくかぜの高熱等が原因で不妊症になることもあるので、まだおたふくかぜにかかっていない成人の男性は特に注意が必要ですね。

お子様がおたふくかぜにかかって、お父さんに感染、お父さんが重症化するというケースもあるそうですので、心配な方は病院で検査をして、抗体ができているか調べることも可能です。
調べてみて、抗体がなければ、ワクチンを接種した方が良いでしょう。


子供でも、大人でも、頭痛や腹痛、吐き気や男の子の場合は急所が痛いなどの症状が出る場合は、無菌性髄膜炎の可能性もありますので、すぐに病院へ行きましょう。

他にも、難聴のような症状が出ることもあるそうです。
これは、おたふくかぜが治ってから1ヶ月から2ヶ月後に症状が出ることもあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

おたふくかぜは予防接種をしててもかかる?

おたふくかぜは予防接種を受けていても、インフルエンザなどと同じように感染することがあります。

我が子も予防接種は受けましたが、おたふくかぜになり、症状としては非常に軽く、ほとんど痛みなどもなく済みました。

おたふくかぜの予防接種は任意ですが、接種がまだ、という場合は、重症化を防ぐという意味でも検討してみてはいかがでしょうか。

おたふくかぜの予防は?

おたふくかぜは飛沫感染します。

おたふくかぜの潜伏期間は2~3週間と長く、

症状が出る一週間くらい前くらいから他に感染するようになり、腫れがあるうちは感染します。

通常の風邪と同じように、予防には手洗い、うがい、マスクの着用などが有効です。

まとめ

おたふくかぜは不顕性感染といって、小さい頃におたふくかぜにかかったことも、それらしい症状が出た記憶もないけど、調べてみたら抗体があった、というケースも珍しくないようです。

じつは感染していたけれど、症状が出なかっただけ、というケースですね。

このように症状の出方はひとそれぞれ。

心配であれば、医療機関で抗体があるかどうかの検査も可能です。
一度免疫ができれば大丈夫とのことですので、流行する度に不安に思う位なら、一度検査してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:美容と健康 

インフルエンザの検査、時期はいつがいい?子供の場合 検査方法や時間は?今年の症状は?

インフルエンザが流行する時期になりました。

子供達は集団行動も多く、感染がはじまるとあっという間にウィルスが蔓延して学級閉鎖や学校閉鎖となることの多い時期です。

こうした時期に風邪っぽい症状が出たら、インフルエンザかも?と疑って、すぐに病院へ行く!という方もいますが、ちょっと待って下さい。

インフルエンザの検査っていつでもできるのでしょうか?

インフルエンザの検査、時期は?子供の場合

検査をしたのに、最初は陰性、数日後に再度検査したら陽性だった。

まだ熱が出たばっかりだから、インフルエンザの検査をしても、陰性になる可能性が高いから、ひとまず様子を見るように言われてしまった。

熱が出たから慌てて夜間救急に連れて行ったけど、結局翌朝病院へ行くことになった。

こんなことになったら、体調の悪い子供にとってもかえって負担になってしまうかもしれません。

子供が熱を出して、インフルエンザが疑われる時、タイミングとしてはいつ検査をしたらいいのでしょうか?

>> 続きを読む

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:美容と健康 

ささくれが痛い!腫れないために簡単にできる対処法はこれ!

指先にできた「ささくれ」が痛い!

気付くと指先にいくつものささくれ(さかむけ)ができていて、これがあまたあちこちに引っかかって痛い思いをする、なんてことよくありますよね。

そんなことを繰り返しているうちに、ささくれが真っ赤に腫れてさらに痛みが増してしまうこともあります。

 

そんな状態にしないためにも、ささくれができたら、すぐにできる対処法があります。ささくれを発見したら、早めに対処して、傷口の悪化や腫れを防ぎましょう。

 

今回は、ささくれが痛い時に、いますぐ簡単にできる対処法、ささくれが腫れる原因、そしてそもそもささくれができてしまう原因についてご紹介します。
1日でも早く、その痛みとお別れしましょう!

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

カテゴリ:美容と健康 

りんごを加熱すると栄養効果はこう変わる!皮ごと加熱がおすすめな理由とは?

34193fc152a8a4666ab7484306284ecb_s

風邪を引いたり、お腹の調子が悪いときなど、体調が悪くなると「りんご」が良いとよく言いますよね。

このりんご、加熱すると栄養効果ってどうなるのか気になりませんか?なんとなく、生で食べた方が身体に良さそうな気がするし。

今回は、このりんごの栄養、加熱するとどうなるのか、栄養効果や上手な食べ方などについてご紹介します。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

カテゴリ:美容と健康 

亜鉛の効果と子供の身長 摂取量は過剰摂取に気を付けて!

2a56226cf47316e4d1d1c0d60dd82331_s

こちらでは、亜鉛の効果が、成長期の子供の身長にどう影響するのか、
不足するとどういった悪影響が出てしまうのか、摂取量はどれくらいが必要なのか、などなど、亜鉛の効果と子供の身長の関係についてご紹介します。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:美容と健康 

予防接種、体調悪い時は無理?こういう方は受けられません

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

インフルエンザの予防接種を受けたいのに、ちょっと体調が悪い。
困った!予防接種受けられるかな??

 

「どうしても!」って時に限って、こんなことってあるものですね。
では、インフルエンザを受けられないのってどんな時でしょう?

体調不良以外でも、予防接種が受けられない場合というのもあります。

今回はこうしたインフルエンザの予防接種、体調が悪い時に注意することなどについてご紹介します。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

漢方薬の飲み方、煎じ方は?エキスとは?飲み方は?鍋はどうする?

漢方薬に馴染みの無い方が、漢方薬の服薬を始めるのはちょっと戸惑いますね。

煎じてくださいって言われても、どうやったらいいのか?

煎じ薬とかエキスとか、なんだかわからないし^^;

そこで、今回は漢方の飲み方や煎じ方、煎じ薬とエキス剤の違いなどについての詳細をご紹介したいと思います。

漢方薬の飲み方、煎じ方

煎じ薬とは、生薬を袋から出し、指定の水に浸し、弱火で指定された時間煮出します。処方された際に薄い紙パックに入ってくることがありますが、袋のまま煎じるという方法だと、煮だしがムラになるので、袋から出してバラして煎じます。

生薬を煎じるには、土瓶などの焼き物、もしくは、ガラス製のものを利用するのが良いです。ホウロウ鍋やアルミ鍋でも良いです。ただし、ステンレスや鉄や銅のものは避けます。

【漢方の煎じ方】

指定が無ければ蓋をせずに指定時間煮出します。

火加減は最初からずっと弱火です。

この煮出し時間には生薬により数十分から90分程度まで。
薬局等からの指定時間、煮出しましょう。

目安としては、1回の服用量の仕上がりが100ml程度になります。
そのまま放置せず、すぐに茶こしで煮だした生薬から水分を取り分け、保存容器に入れます。煮だした生薬は使用しません。


日本製 直火対応 煎じ土瓶


HARIO(ハリオ) マイコン煎じ器3HMJ3-1000W

【漢方煎じ薬の飲み方】

一袋が1日分となっていますので、煮だしたものを2~3回に分けて服用します。

煮だした液体は、火加減等により量が異なります、等分にして服用するようにします。

最初は煮だしたものを少し冷まして、残りは冷蔵庫に保管しておき、再び鍋で煮だした時と同じ弱火で温めて服用します。電子レンジは化学反応を起こす可能性があるので、使用を避けましょう。

漢方薬のエキスとは?

漢方の煎じ薬というのは、生薬を一定時間煮出して服用しますが、

エキス剤とは、この生薬を煮だした液体を顆粒状に加工したもの。

エキス剤は煎じる手間がかからず、いつでも手軽に服用、長期保存もできて携帯にも便利です。が、やはり効き目は生薬を煎じる方が効果的と言われます。

スポンサーリンク

漢方薬のエキス、飲み方は?

エキス剤は、生薬を煮だした液体を顆粒状に加工したものですから、飲むときには生薬の煎じ薬と同じかたちで飲む方が効果的です。

ぬるま湯でそのまま飲むか、少量のお湯(50~60ml)に溶かして飲みます。

エキス剤は携帯にも便利ですが、しっかりと効果を引き出すためにも牛乳やコーヒー、お茶で飲むのはできるだけ避けましょう。

まとめ

漢方薬というのは、ひとりひとりの全身状態からいろいろな判断材料を総合して、どのような漢方薬を処方するかを判断します。

ですから、継続して服用しているうちに、味が変わったり効果が出なくなるなどの変化がみられることもあります。

体調等の変化により、「証」が変わると、これまで合っていた薬が合わなくなることがあります。

「証」とは、その人の体力や内臓の状態、冷えの状態など身体全体の状態をいいます。

服用している漢方薬の効き目や、味が急に変わったなどの変化を感じたら、処方された医師や薬局へ相談してみましょう。

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:美容と健康 

子供のお腹の風邪、食事はどうしたらいいの?

270802

子供が風邪を引く、よくあることですが、お腹の風邪は食事もできず、見ている親も辛いものですよね。
我が子も小さい頃はよくお腹の風邪を引いてました。保育園とか行くようになると、しょっちゅうですよね。

大人の考えでは、病気の時にはしっかり食べて栄養をとらなくっちゃ!などと考えがちですが、お子様のお腹の風邪の場合には、どうしたらいいのでしょうか?

小さなお子様は、まだはっきりお話ができなかったり、意思表示もわかりづらかったりすることもあり、お母さんの不安ばかりが募ってしまうもの。

もちろん、まずは小児科で診てもらうことが一番ですが、
今日はお腹の風邪を引いた時の自宅での過ごし方について、我が家の経験も踏まえつつ、ご紹介したいと思います。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

カテゴリ:美容と健康 

インフルエンザの流行は何型?2015 受験生の予防接種時期はいつがいい?

インフルエンザが早くも流行の兆しです。

今年は何型が流行るのでしょうか?

これから寒くなり、空気が乾燥してくると、乳幼児や高齢者はもちろん、受験生などもインフルエンザの予防には特に気をつけたい時期となります。

65af5611708e6e2c2f3a5a5d2d273015_s

2015年冬のインフルエンザ流行到来前に、予防接種や流行型、予防方法などについてお伝えします。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

予防接種 インフルエンザワクチンに効果なし??

2015年8月、毎日新聞に掲載された記事によると、

慶応大などの研究チームが 米科学誌プロスワンに

「インフルエンザのワクチン接種が乳児・中学生に予防効果なし」

との研究成果を発表したという。

4727人の小児対象の調査で、これは世界的にも例がない大規模な調査だそうです。

予防接種 インフルエンザワクチンに効果なし??

現在日本では、インフルエンザワクチンは小児6ヶ月以上の希望者が受けることになっている。

 
研究では2013年11月から2014年3月に慶応大関連医療機関に、

「38度以上の発熱があって受信した生後6ヶ月から15歳」のデータを分析。

インフルエンザの感染有無とワクチン接種有無を調べ、さらにインフルエンザA型B型など型別の統計解析を行ったものである。

その研究の結果、

インフルエンザワクチンの発症防止効果は

【A型】
・1~2歳=72%
・3~5歳=73%
・6~12歳=58%
・13~15歳では効果なし

【09年に世界的流行をしたH1N1型】
・1~2歳=67%
・3~5歳=84%
・6~12歳=90%
H1N1型では、生後6~11ヶ月、13~15歳の患者数が少なく検証できず。

【B型】
全年齢で26%しか効果がない

という結果となった。

インフルエンザB型の予防接種は、以前から効果が低いとされていて、今回の研究でもそれを裏付ける形となったわけだ。

スポンサーリンク

予防接種でインフルエンザの重症化は防げるか?

この研究で、全年齢を対象に「重症化の可能性」を調べた結果、

A型全体で76%減
H1N1型では90%減となり、効果を発揮しているが、

こちらでもB型では、重症化を防ぐ効果も確認されなかったという。

年齢毎の比較では、

最も有効性が高かったのは、
1~2歳のグループで、
次に3から5歳もそれに次ぐレベル、

6から12歳では新型インフルエンザ以外への有効性は、
かなり低い値となり、

13歳から15歳のグループでは、
ほぼ効果なし、というレベルでした。

1歳未満の乳児も同様に有効性が確認されませんでした。

一部の年齢、B型インフルエンザにはほとんど効果なしというショッキングな結果ではありますが、

小児へのインフルエンザワクチンの接種は、入院するほどの重症化を予防するという意味では有効性があるようです。

予防接種 インフルエンザワクチンの型って?

インフルエンザの予防接種は、その年に流行りそうな型のワクチンを接種することになるのですが、

国立感染症研究所によると、
「わが国におけるインフルエンザワクチン製造株の決定過程は、厚生労働省(厚労省)健康局の依頼に応じて国立感染症研究所(感染研)で開催される『インフルエンザワクチン株選定のための検討会議』で検討され、これに基づいて厚労省が決定・通達している。」のだそうです。

なかにはA型、B型どちらも流行する年もあるので、接種を受けていない型のインフルエンザに対しては効果がないということになります。

それならば、効果が低いとされているB型の予防接種より、A型の予防接種を受けておきたいと思ってしまいますね^^

とは言っても、A型にも様々な型があり、その年ごとにワクチンを作り替えているのだそうです。

そのようにワクチンを毎年作り変えても、インフルエンザウィルスというのはどんどん変異していくのだそうで、こうなるとやはり100%効果を発揮するというのはかなり困難なことなんですね。

それにしても、やはり予防接種はインフルエンザの重症化を防ぐためにも接種が基本ですが、
小児をインフルエンザから守るには、日頃から食事や運動で体力を付けること、手洗いやうがい、マスク着用、加湿などで予防を心がけ、無防備に人混みに出かけないなどの配慮も必要ですね。

ここ数年話題になっている「あいうべ体操」なども効果的ですので、是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ