子供のお腹の風邪、食事はどうしたらいいの?

270802

子供が風邪を引く、よくあることですが、お腹の風邪は食事もできず、見ている親も辛いものですよね。
我が子も小さい頃はよくお腹の風邪を引いてました。保育園とか行くようになると、しょっちゅうですよね。

大人の考えでは、病気の時にはしっかり食べて栄養をとらなくっちゃ!などと考えがちですが、お子様のお腹の風邪の場合には、どうしたらいいのでしょうか?

小さなお子様は、まだはっきりお話ができなかったり、意思表示もわかりづらかったりすることもあり、お母さんの不安ばかりが募ってしまうもの。

もちろん、まずは小児科で診てもらうことが一番ですが、
今日はお腹の風邪を引いた時の自宅での過ごし方について、我が家の経験も踏まえつつ、ご紹介したいと思います。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

カテゴリ:美容と健康 

インフルエンザの流行は何型?2015 受験生の予防接種時期はいつがいい?

インフルエンザが早くも流行の兆しです。

今年は何型が流行るのでしょうか?

これから寒くなり、空気が乾燥してくると、乳幼児や高齢者はもちろん、受験生などもインフルエンザの予防には特に気をつけたい時期となります。

65af5611708e6e2c2f3a5a5d2d273015_s

2015年冬のインフルエンザ流行到来前に、予防接種や流行型、予防方法などについてお伝えします。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

予防接種 インフルエンザワクチンに効果なし??

2015年8月、毎日新聞に掲載された記事によると、

慶応大などの研究チームが 米科学誌プロスワンに

「インフルエンザのワクチン接種が乳児・中学生に予防効果なし」

との研究成果を発表したという。

4727人の小児対象の調査で、これは世界的にも例がない大規模な調査だそうです。

予防接種 インフルエンザワクチンに効果なし??

現在日本では、インフルエンザワクチンは小児6ヶ月以上の希望者が受けることになっている。

 
研究では2013年11月から2014年3月に慶応大関連医療機関に、

「38度以上の発熱があって受信した生後6ヶ月から15歳」のデータを分析。

インフルエンザの感染有無とワクチン接種有無を調べ、さらにインフルエンザA型B型など型別の統計解析を行ったものである。

その研究の結果、

インフルエンザワクチンの発症防止効果は

【A型】
・1~2歳=72%
・3~5歳=73%
・6~12歳=58%
・13~15歳では効果なし

【09年に世界的流行をしたH1N1型】
・1~2歳=67%
・3~5歳=84%
・6~12歳=90%
H1N1型では、生後6~11ヶ月、13~15歳の患者数が少なく検証できず。

【B型】
全年齢で26%しか効果がない

という結果となった。

インフルエンザB型の予防接種は、以前から効果が低いとされていて、今回の研究でもそれを裏付ける形となったわけだ。

スポンサーリンク

予防接種でインフルエンザの重症化は防げるか?

この研究で、全年齢を対象に「重症化の可能性」を調べた結果、

A型全体で76%減
H1N1型では90%減となり、効果を発揮しているが、

こちらでもB型では、重症化を防ぐ効果も確認されなかったという。

年齢毎の比較では、

最も有効性が高かったのは、
1~2歳のグループで、
次に3から5歳もそれに次ぐレベル、

6から12歳では新型インフルエンザ以外への有効性は、
かなり低い値となり、

13歳から15歳のグループでは、
ほぼ効果なし、というレベルでした。

1歳未満の乳児も同様に有効性が確認されませんでした。

一部の年齢、B型インフルエンザにはほとんど効果なしというショッキングな結果ではありますが、

小児へのインフルエンザワクチンの接種は、入院するほどの重症化を予防するという意味では有効性があるようです。

予防接種 インフルエンザワクチンの型って?

インフルエンザの予防接種は、その年に流行りそうな型のワクチンを接種することになるのですが、

国立感染症研究所によると、
「わが国におけるインフルエンザワクチン製造株の決定過程は、厚生労働省(厚労省)健康局の依頼に応じて国立感染症研究所(感染研)で開催される『インフルエンザワクチン株選定のための検討会議』で検討され、これに基づいて厚労省が決定・通達している。」のだそうです。

なかにはA型、B型どちらも流行する年もあるので、接種を受けていない型のインフルエンザに対しては効果がないということになります。

それならば、効果が低いとされているB型の予防接種より、A型の予防接種を受けておきたいと思ってしまいますね^^

とは言っても、A型にも様々な型があり、その年ごとにワクチンを作り替えているのだそうです。

そのようにワクチンを毎年作り変えても、インフルエンザウィルスというのはどんどん変異していくのだそうで、こうなるとやはり100%効果を発揮するというのはかなり困難なことなんですね。

それにしても、やはり予防接種はインフルエンザの重症化を防ぐためにも接種が基本ですが、
小児をインフルエンザから守るには、日頃から食事や運動で体力を付けること、手洗いやうがい、マスク着用、加湿などで予防を心がけ、無防備に人混みに出かけないなどの配慮も必要ですね。

ここ数年話題になっている「あいうべ体操」なども効果的ですので、是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

あいうべ体操の効果とやり方 口呼吸との関係 インフルエンザ予防効果は?

ここ数年、インフルエンザへの効果があると話題になっている「あいうべ体操」

手洗いやうがいが風邪やインフルエンザ予防になるっていうのはわかるけど、

なんで「あいうべ」って言うのがインフルエンザの予防につながるのか不思議に思いませんか?

162471

今回はこのあいうべ体操の効果、インフルエンザと口呼吸との関係、そしてあいうべ体操のやり方までご紹介します。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:美容と健康 

「すりりんご」はなぜいいの?風邪、下痢に良いレシピは?

子供の頃、風邪を引くと母親がすりりんごを作ってくれたという思い出をお持ちの方は多いですよね。
私もガーゼで濾したすりおろしりんごなど、すごく思い出します。

 

そんなすりりんご、なぜ風邪や、下痢に良いのか、ご存知ですか?

 

調子が悪い時って「元気になるためには食べないと!」とどうしても考えてしまうものですが、特にお腹の調子が悪い時は、お腹を休ませてあげるのも大切なんです。
そういったとき、すりりんごは大活躍。

 

今回は、すりりんごの何がいいのか、皮はどうするか、風邪を引いた時におすすめしたいすりおろしリンゴのレシピなどについてご紹介します。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:美容と健康 

パックリ割れが痛い!1日でも早く治す方法、原因と予防法 

指先のパックリ割れ、痛いですよね。

1日でも早く、いや、今すぐにでも治したい!と思うような傷みで、なんといっても辛いもの。

今回は、そんな辛いパックリ割れを1日でも早く治す方法、パックリ割れを作り出す原因、そして予防法などについてご紹介します。

 

>> 続きを読む

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:美容と健康 

冷えの改善に酒粕効果 酒粕の食べ方 保存期間・保存方法は?

私は若い頃から冷えがひどく、ある日漢方医に診てもらったら、「冷えがかなり強い」と診断されました。

漢方医から渡された身体を温めるもの、冷えるものの表を見てみたら、季節柄、トマトやきゅうり、ナスなど身体を冷やすものばかり食べていた私。

さらに、果物でもキウィや梨、バナナなども身体を冷やすものばかり。

それで、温める食べ物を増やそうと、リストを眺めていると、その中に日本酒と書かれていました。

私は日本酒は一切飲まないけれど、酒粕が好きなのです。

これはいいもの見つけた!というところから、酒粕についていろいろ調べてみました。

>> 続きを読む

スポンサーリンク

タグ: 

カテゴリ:美容と健康 

よく読まれている記事

最近の投稿

スポンサーリンク



カテゴリー

ページの先頭へ